ココロサードプレイス

山梨・東京・諏訪が好きな私のイベントのことやミニマリズムのこと。

東日本橋のホステル『CITAN(シタン)』に泊まってきました!

先日、東日本橋にあるCITAN(シタン)という、7階建てのホステルに泊まってきました!

「CITAN」は、今年3月にオープンしたばかりの、(株)Backpackers'Japanが手がけるホステルで、台東区のゲストハウス「toco.」蔵前の「Nui.」京都の「Len」に続く4店舗目のお店です。

今回はライブを観る目的で東京に行きました。どこに泊まろうか考えていたのですが、以前泊まったNuiの雰囲気がとても気に入ったのと、ここに泊まった仲良しのブロガー皆さんが良かったと言っていたので、初めて泊まってみました!

アクセスと街の雰囲気

最寄駅は

・都営地下鉄浅草線:東日本橋
・都営地下鉄新宿線:馬喰横山
・総武線快速:馬喰町

新宿駅から地下鉄で20分、東京駅からJRで5分!

東京に住んでいるとあまり馴染みのない駅ですが、繁華街からは遠く落ち着いた街の中にあって、旅行者には過ごしやすいところだなあと思いました。

 

 実は、私はここから自転車で10分くらいのところ(墨田区)に4年ほど住んでいました。

当時のイメージは問屋街+オフィス街で、こんなオシャレで外国みたいな雰囲気の場所ができるなんで驚きです。

今も問屋街+オフィス街なんですが、その中の古いビルをリノベーションしているんですよね。

 

だから、この建物が落ち着いた街の中に馴染みつつ、一歩入れば外国のようなオシャレな雰囲気を味わえるのがわくわくしますね。

 

新宿にもホステルやゲストハウスはたくさんありますが、

(私の中で、ホステル=大きい,100床以上とか?・ゲストハウス=小さい,大体20床とか?というイメージなんですが、あってるかな。。。。)

繁華街ってちょっと怖いイメージもありますよね。

 

Nui.やCITANなどがある街は、駅自体は小さくてあまり馴染みが無いところだと思いますが、その分街の雰囲気が落ち着いていて、いいなあと思います。

 

お昼はカフェ・夜はバーとしても楽しめる

f:id:sakelog:20171010001629j:plain

ここがCITANの入口にあるコーヒースタンド。朝8時から19時まで営業しています。宿泊者は勿論、CITANに宿泊しない人もコーヒーや軽食を楽しめます。テイクアウトもできます。

f:id:sakelog:20171010001926j:plain

入ってすぐのこの場所、または地下のラウンジで飲食ができます。地下のラウンジは18時からバーになります。

f:id:sakelog:20171010002437j:plain

階段を降りるとこんな感じです。

f:id:sakelog:20171010002634j:plain

f:id:sakelog:20171010002532j:plain

ハイボールとフライドポテト(チリソース&サワークリーム)を頼みました!

f:id:sakelog:20171010002848j:plain

ご飯ものもすごく美味しそうだったのですが、もう遅い時間だったので少しだけ軽めに。

これがほんとうに!美味しかったです!!チリソースとサワークリーム、別々でも混ぜてからめも最高に合います。ポテトの揚げ方もちょっと独特でソースによくからむ。あー他のメニューも絶対美味しいんだろうなと思いました。。。また食べに行きたいです。。。。

ゲストのスペース

f:id:sakelog:20171010003454j:plain

フロント奥には、ゲストのスペースとして、キッチン&ライブラリーがあります。

f:id:sakelog:20171010003630j:plain

ソファー席。ガイドブックや本。

f:id:sakelog:20171010003717j:plain

私はカウンター席の一番端が気に入って、夜も翌朝もここでけっこう長い時間過ごしました。

向かいがキッチンです。フリー紅茶やお茶のティーバッグがあるので、お湯を沸かして紅茶を飲んだりしていました。勿論徒歩1分のコンビニで何か買ってきてもいいですし、カフェやバーの食事をここで食べてもOKです。

夜のラウンジはかなり騒がしいので、バーで飲食した後、ここでゆっくりしたい感じです。

f:id:sakelog:20171010005842j:plain

f:id:sakelog:20171010005920j:plain

 

部屋とシャワーなど

f:id:sakelog:20171010004326j:plain

各フロアはこんな感じです。できれば、各階にもちょっとしたテーブルとかがあったらいいなあと思いました。部屋に入る手前で荷物を整理したりできるスペースがちょっと欲しいんですよね。。。でもそれ以外はとても満足でした!

 

今回は混合8人ドミトリーに泊まりました。もうこの部屋しか空いてなかったんですよね。そして、ゲストハウスに行き始めた頃は、混合ドミトリーは絶対泊まれないと思っていたのですが、ある時間違えて予約してしまって(笑)仕方が無いので泊まったら、半分くらい女性もいるし、みんなすごく旅慣れていて、すごく静かで快適だったんですよね。

それから混合ドミトリーに泊まるのは3回目。やっぱり今回も快適でした。

 

一概には言えないと思うし、私の経験に限っての話なので、たまたまかもしれませんが、今まで泊まった”ホステル”の中では、女子ドミが騒々しい率100%だったんですよね。夜中に帰ってきて、部屋の中で荷物の整理をする人とか絶対にいる。

(ゲストハウスはもっとゲスト同士の距離が近いので、気遣いの空気が生まれていいなあと思うのですが。)

ベッドはこんな感じです。

f:id:sakelog:20171010004210j:plain

シャワーも綺麗でした!!

f:id:sakelog:20171010005752j:plain

 

朝食

f:id:sakelog:20171010010138j:plain

朝はチョコパンとコーヒーにしました。サンドイッチもあります!(遅く起きたけど、ランチも外で食べたいのでちょっと軽めに。)

ラウンジで食べてもOKです。

そしてラウンジではこの日から3日間。福岡にある、グアテマラの織物を使った服や小物を作っている『ilo itoo』さんという会社の展示会をしていました!!

ilo itoo | グアテマラの織物を使った布小物

f:id:sakelog:20171010010329j:plain

f:id:sakelog:20171010010723j:plain

すべてはグアテマラの織物をリメイクした一点もの!CITANの雰囲気にもすごく合っていて、やっぱりイベントもすごくセンスがいいなあと思いました。

f:id:sakelog:20171010010801j:plain

f:id:sakelog:20171010010919j:plain

f:id:sakelog:20171010010958j:plain

巻きスカートがほんとうに素敵で、久々にちゃんとした服が欲しいなあという欲求が沸いたのですが、ちょっと即決できないお値段だったので、家でまた検討しようと思いました。

こういう出会いもいいですね!

そして、この時リビセンのTシャツを着ていたら、CITANのスタッフさんが話しかけてくれて、すごく楽しいひと時を過ごしました。

f:id:sakelog:20171010011236j:plain

朝食を食べ終えたら、またゲストのスペースで本を読んでいました。

そう、Nuiはチェックアウトしちゃうと、ゲストだけのスペースには行けなくなっちゃうのですが、ここはチェックアウトしても、使って大丈夫なのがCITANのいいとこってスタッフさんも言ってました!

 

近所でランチ

近所にはいろんなお店があるのですが、この日は『わなびばKITCHEN333』というところで食べました!

wa-kitchen333.jp

f:id:sakelog:20171010011504j:plain

f:id:sakelog:20171010011740j:plain

こんなメニューで身体に良いご飯が食べられます!

お子様連れのお母さんにすごく人気のお店でした。子供とゆっくりご飯を食べたり、遊ぶスペースがあって、お子様連れの方にはすごくおすすめです。料理もとっても美味しかったです。

 

まとめ

会社員だったときは、常にビジネスホテルを利用していて、ゲストハウスなんて存在も知らなかったけれど、こうしていろいろな所に泊まるようになって、行きたい所もたくさんあって、ビジネスホテルに泊まっていたことが、勿体無かったなあと思います。

 

でもちょうど、泊まりやすいゲストハウスやホステルができてきたのも最近で、ちょうど自分がはまる時期だったんだなあとも思います。

 

私は宿泊先を以下のように使い分けています。
・漫画喫茶=PCで作業がしたいとき
・ホステル=作業無し、気楽に泊まりたいとき
・ゲストハウス=馴染みの無い土地に旅行に行って、色んな人と交流したいとき

それぞれ良いところがあって、それぞれ好きですね。久々にホテルに泊まったら、やっぱホテルいいわ!!!って言う気もするけど。

 

でも、ただ「このゲストハウス(ホステル)に泊まってみたい」という目的が大きくなったことは、すごいことだなあと思っていて。

あくせく観光もせず、ただそこで、いつもしないけどなんてことないこと(ゆっくり本を読むとか、ゆっくり朝食を食べるとか)に時間を使うのが、実は贅沢だなあと思えたりして、やっぱりこんな旅を、これからもしたいなあと思います。