ココロサードプレイス

山梨と東京のおすすめスポットと私のイベントのこと。

信念があれば、一方通行は怖くない

 人生で最も貧しかった20代後半の自分が当時欲しくて手に入らなかったものは、何十個とあって、今(生活コストが物凄く下がったので)、たまには旅行に行ったり、フリーターになってやりたいこと(イベント)をやって盛大にスベっても、なんとか生活はできるという自分は、金銭面でいったら当時よりはだいぶ幸せだと思う。(現代社会において底辺という位置は変わってないけれど。)

でもそんなことより自分は、お金では買えない、そして実は一番欲しかったものである"なるべくものごとをフラットに受け止めるちから"みたいなものを、少しずつ身につけていて、自分の心を開放できていることが、今人生で最上級の幸せだし、これからもっと磨いていけるちからなんじゃないかと思っている。

 

ただひたすらに生きづらい人生だった。

恋愛でも友情でも、あとなんだろう、家族愛、そして完全なる他人に対しても「こうあってほしい、なんでそうじゃないんだ!!??」という想いに支配されていた。

自分だったら、そんなやつ本当に友達になりたくない。関わりたくない。だけど、そんな自分とも根気よく付き合ってくれた本当に優しい人たちのおかげで、すこーーーしずつ、成長していきながら、やっとそういう自分本位な想いを、自分の中で、かき混ぜて中和して消化できるようになったなあと思っている。(全部じゃないけれど。かなり。)

そのマインド(理不尽だと思っても自分の中で消化できること)は、自分がいろんな組織に属しながら、どこへ行っても、自分だけがいちじるしく欠落している部分だと思っていた。長いあいだ。

でもこうやってインターネットにどっぷり浸かっていると、かつての自分みたいな他人は物凄くたくさんいるんだなあと思う。しかも私は10代、いや多分小1くらいから、自分ってなんかおかしいよなって思ってきたから、こうして30代になって、同世代やさらにずっと上の年代のような人に対しても、なんと自分本位なのかと思うことがたくさんあると、おかしいなあ、わたしずっと一人だと思っていたのに、なんだよ、年上にも下にもけっこういたんじゃん、昔の自分みたいな人!ってよく思っている。

 

今欲しいものは、まあ挙げればたくさんある。新しいパソコンとか新しいスマホとか。行きたいライブもたくさんあるし、旅行も行き続けたいし、食事とか化粧品とかもできるだけオーガニックにしたいとか、お金があって困るってことは無いなあと思う。

だけど今とりあえず、何はなくともこの今の自分のマインドがあることを、それを関わってくれた人から根気よく教えてもらえたことを、ありがたいと思いたい。本当に生きやすくなった。

「自分がこんなに想っているのに返してもらえない」と、あらゆる対象に対して思い続けて生きることがどれだけ自分のパワーを無駄に減退させることか。そして他人を不愉快にさせることか。

 

いや、今でもそういう気持ちは決してゼロとは言えないけれど、というか、そういう感情が沸くたびに、自分の中で中和させるすべを見つけることができた、というのが正しいな。

だから今でも「こうなったらいいな」と思って、ぜんっぜん思うとおりにならないなあ、良い方向に受け取ってもらえないなあってことはたくさんあるのだけど、それを「許せない!」と思うのではなく、「もうやめよう」と思うのでもなく、どうしたらよかったんだろうな~とか、自分にできることはやったから期待するのはやめようとかいうふうに、「気持ちを立て直すぞ!」という気力が湧いてきて、その度いちいち私は、「ああ、生きやすくなったなあ」と想っている。

 

かつての私と同じようなことで悩んでいる人に出会えたら、何かを話したいなあと思う。そういうことに特化しているというわけじゃないけれど、ただ、ここにいたら楽しいなあという空間を、やっぱりつくりたいなあと思う。

 

ただ楽しいは何も解決しないかもしれないけれど、自分はただ楽しかったことが、生き方が変わるきっかけだったから、きっかけになるかもしれないことが、何かできたらいいなあと思う。人の気持ちみたいなものを「変える!」っていうことは、できることでも、目指すことでもないような気がするのだけれど、だから、ただ楽しいを、どう維持するかっていうことは考えなきゃいけないんだけど、その上で、今でもよく感じる「一方通行だなあ」という思いも、今は怖くないのだ。なんとかできても、できなくても、やりたいことがあり続けるから大丈夫。

 

 

身内がなかなかに厄介な病気かもしれなかったのですが、今日その不安がなくなったので、そういったことにも感謝しながらまた頑張ろうと思った次第。

 

f:id:sakelog:20170808023507j:plain