ココロサードプレイス

山梨・東京・諏訪が好きな私のイベントのことやミニマリズムのこと。

薮内正幸美術館(山梨県北杜市白州町)

一昨日『白州を楽しむツアー』を友人2人と一緒に催行しました!

交通手段

山梨県は北杜市白州町という町には駅がなく、最寄駅は隣町の中央本線小淵沢駅です。また中央高速バスのバス停も小淵沢が最寄りですが、小淵沢駅からは結構離れています!(徒歩20分くらいかな。。。)

タクシーや、1日数本しかない路線バス、またサントリー白州蒸溜所にお越しの際はシャトルバス(2017年3/18~12/24の土日祝 ★7/15~8/31は毎日運行!)もあるのですが、あちこち見て回るには、やはり車がおすすめです。

「薮内正幸」とは。

多分この絵は見覚えがある方も多いのではないでしょうか?

やぶうち まさゆき(1940 - 2000)さんは、図鑑・絵本・広告など幅広い分野で活躍されていました。

薮内さんが亡くなられた後の2004年に、薮内さんの息子竜太さんが、原画を管理・収蔵・展示する施設として、日本では唯一の動物画専門の美術館を開館されました。

なぜこの場所か

東京にお住まいだった薮内さん一家ですが、生前薮内正幸氏がサントリーの愛鳥キャンペーンの新聞広告を手がけていたこともあり、縁のあるサントリー白州蒸溜所のある、北杜市白州町付近で美術館のための土地を探していたところ、市より紹介された土地が、偶然白州蒸溜所の隣だったそうです。

(ちなみに、今回はサントリー白州蒸溜所へは行っていませんが、以前訪れたときのことをこちらの記事に書いております。)

建物・施設

f:id:sakelog:20170628195946j:plain

f:id:sakelog:20170628200015j:plain

お庭でも遊べます。テラスでコーヒーも飲めます。(100円)

f:id:sakelog:20170628201005j:plain

ここは1万点以上の収蔵があり、常設展はなく、半期に一度60~80点の絵がテーマごとに総入れ替えされます。なので定期的に訪れても、いつでも新鮮な気持ちで展示が見られます!

お子さま用の玩具や、もちろん絵本も多数そろっています。ショップ兼くつろぎスペースでは、絵本以外にも動物に関する多数の蔵書や地元の情報なのどを、ゆっくり見ることができます。

お土産

絵葉書はたくさん種類があるので行くたびに集めています。あとは鳥のマスキングテープがとても美しくて、これもよく手紙などに使います。左下のチケットの絵柄は4種類の中から選べます。しかもたまにデザインが一新するので、これも集めている方も多いとか。

f:id:sakelog:20170628205823j:plain

館長薮内竜太さんのブログ

yabuuchi-art.jp

薮内正幸さんの息子であり、館長の竜太さんが書いているブログなんですが、写真が素晴らしいんですよね。地元の風景はもちろんのこと、あと、虫の写真をよく載せているのですが「虫ってこんなに美しいんだ!」とびっくりすることがしばしばあります。

このブログを読んでいると、自分でも知らなかった自然の良さにたくさん気づきます。

美術館のデータ

■開館時間 10:00~17:00(入館は16:00まで)
■休館日 水曜日(祝日の場合は開館)※8月は無休。
■冬期休館 (12月〜3月中旬)
■入館料 :大人 (高校生以上):500円 小人 (小・中学生):200円 就学前児童:無料 ショップのみの利用:無料
※建物は駐車場の奥にあります。
〒408-0316 山梨県北杜市白州町鳥原2913-71

yabuuchi-art.jp

近所の施設

サントリー白州蒸溜所とシャトレーゼ白州工場のほぼ中間にあります!
工場見学にお越しの際は、是非立ち寄ってみてください!!

私たちはこの後シャトレーゼに行きましたが、シャトレーゼ白州工場の様子は次回の記事に書きます。