読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロサードプレイス

心が安らぐ場所をつくりたい

会社を辞めて1ヶ月

好きを仕事に


イベント企画を仕事にしたくて、3月末で会社を辞めました。と言っても、イベント企画だけでは全然生活ができないので、今は元々いた会社と家業の2箇所でアルバイトをしています。

そんな生活も1ヶ月が過ぎて思ったことはすごくたくさんありました。

・バイトは物凄く気が楽
・4月は遠征しすぎた!
・元々の仕事に対する不安や心の疲労は物凄く大きかった
・元の仕事のスタイルには絶対に戻れない
・だがイベントに対しても別の不安はある
・集客できるか、出演してもらえるか、トラブルはないか
・MAXでバイトしないと生活できない
・夜にフライヤー作ったりブッキングを考えたり告知したりブログ書いたり
・PC使えなさすぎ
・音楽、人、技術いろんなこと知らなさすぎ
・音響の勉強をしたい
・今は単に趣味を謳歌しているフリーターである
・という生き方も良いのだが
・自分の「好きなことで生きてく」とはまた違うのだ
・小さい会場は小さいなりの難しさがある
・キャンセルを必ず申し出てもらう
・逃げ場が少ないと居心地の良さが超重要
・ワークショップとかやりたい
・お母さんの需要

とかまあ、いろんなことを考えていたのですが、一番強く思ったことがあって。


最初のつまずき


実は先日小さな会場でやったイベントで、ものすごーーーーーく反省したことがあったんですよね。。。。

そこにいた方には、そんなふうには絶対に見えてなかったと思うんだけど。イベント自体は凄く良かったんですけどね。好評だったし。でも私自身の中で物凄く反省した。

そのことはすぐ前向きにとらえていたんですけどね。でも数日間、なんでわたしはこんなにバカなんだろうとのたうち回っていました。

その時に、ああ、わたしは永久にこういう思いを、しつづけていくんだろうと思いました。

仕事がデキル人とそうでない人


会社にも身の回りにもいると思うんですけど、もしくはご自身がそうかもしれないけれど、どんな職場に行ってもどんな仕事をしても、ものすごくできる人っていますよね。勿論本人の努力もあるんだけど、ベースがもう、頭の回転が速くて反射神経がものすごく良い人。瞬時の判断力がすごく高い人。ものすごく機転が利く人。

わたしはこういう人と真逆の人間なんですね。どこに行っても仕事ができないし、覚えるのに時間がかかるし、会話をしては人を混乱させるし、できたと思っても何か抜けてるし。

そういう人間が、何かを一人でやりたいと言って、何かをやるということは、わざわざひろげなくてもいいような、自分の無知や恥や愚かさを、知らせなくてもよかった人にまで知らせるっていうことでもすごくあるのです。だから、新しいことをやるたびに、「ああそれ気付かなかったー」とか「わたしは本当にバカだなー」とかが噴出するんです。人にも思われる。

それは辛いし悲しいし情けないし、ただでさえ人よりいろいろ劣っている人間が、わざわざそんなことさらしに行かなくてもいいだろーって思うんだけど

でもわたしは、ひとつショックを受けて、自分の愚かさを受け止めて、確実に成長しているなーっていう気持ちはあって

こんな思いは、今までの生活の中ではなかなか無いなーと思いました。どんなセミナーを受けるよりも、どんな本を読むよりも確実に自分の心に突き刺さる真実!

そしてわたしは、そういった体験を蓄積してひとつずつ成長していっても、「完璧」には絶対になれないんだろうなってことも分かっているのだ。

永久に、今は考えつかないような自分の欠落を発見し続けていく人生な気がしているしたぶんそうなんだと思う。そういう人間なんだ。病名があるんならつけたい。

「仕事ができない」人間だけど、楽しく生きられるはずだ

だけど、そんな自分を必要以上に外に出さないようにひそやかに、ただひそやかに生きていくっていうことも全然考えられなくて

やっぱり気の合う人を探し続けたいし、いろんな人に出会っていろんな話をききたいし、場所をつくりたいしつくり続けたいし、もっと大きなことをしたいし、知らないことを知りたい。

だからいつか「あーなんてわたしはバカなんだろう」って想いに打ち砕かれないかぎり、新しいダメな私を発見して、新しい素敵なことに出会っていくんだろう。もうそれしかないと思っている。

全部がこの一ヶ月間、今までの仕事を辞めてイベントをやろうと思ってみて分かったこと。これは本当にやってみないとわからなかった。今までの仕事に対する不安はなくなったけど、自分がやりたいこと(新しい仕事)に対する新しい不安はたくさんあるということも。(当たり前だな!)

楽しかったり嬉しかったり悲しかったり情けなかったり不安だったりしてるけど、会社は辞めて本当によかったと思っている。それだけは予想通りだ!


心やすらぐ場所をつくりたい。