ココロサードプレイス

山梨と東京のおすすめスポットと私のイベントのこと。

中洲のおすすめゲストハウス『福岡花宿』

中洲のゲストハウス

福岡も2年振り!2年前は大雨で散々だったのでした。今回の旅行は本当に天気に恵まれて最高でした。地下鉄で中洲川端駅を目指します。

この日はここに泊まりました。ゲストハウス『福岡花宿』

http://fukuoka.hanahostel.com/index_j.html

ゲストハウスって、交流型と非交流型があるなあと思うのですが、ここは中間かなあと思いました。東京でいうと、ZABUTTONとかIMANO TOKYOに雰囲気が似ているかなあと思いました。

f:id:sakelog:20170424231721j:plain

f:id:sakelog:20170424231746j:plain

商店街の中にあって便利!時間があれば、商店街もゆっくり見たかったです。どこの服屋もやたら安かったのが印象的でした。

商店街の出口付近で、ぱっと見ただけでゲストハウスを3軒発見!この辺にはものすごくゲストハウスが多いんじゃないかなー。外国の方も本当に多いですしね。博多はものすごく都会なんだけど、韓国も近いので、東京とはまた違った空気を感じます。

エントランスはこんな感じ。
f:id:sakelog:20170424231631j:plain

f:id:sakelog:20170424232132j:plain

f:id:sakelog:20170424232156j:plain

f:id:sakelog:20170424232233j:plain

f:id:sakelog:20170424232315j:plain

部屋はこんな感じです。この日夜パーティーがあって、受付でお誘いいただいたのですが、先約があったので断念。そういうイベントの日に泊まれるとよいですね!!

f:id:sakelog:20170424232417j:plain

実は混合ドミです。混合ドミしか空いてなかったので。以前一度泊まったので、なんか大丈夫かなーと思って。そしてやっぱり半分は女性で、みんな旅慣れていて静かで夜寝るときは非常に快適でした!!

私はチェックインして、シャワーを浴びて、お友達と待ち合わせ!安くて何でも美味しいお店でいろいろ食べました。そう、福岡特に博多はどんなお店に入っても失敗が無いそう。食のクオリティーがものすごく高いなあと思いました。あまり観光地が無い代わりに、ゴハンは間違いない!とのこと。

近くのロックバー『Back to Back』

そして、博多は中洲にて最大の目的!Back to Backという、中洲でたぶん唯一のロックバーに行きました。中洲の夜お店はキャバクラが多いと思います。雰囲気的には歌舞伎町みたいな感じです。

そう、新宿歌舞伎町・札幌すすきのと並んで福岡は中洲の3つが、日本三大歓楽街と言われています。

2年前、雨で散々だった福岡の一日を全て帳消しにしてくれたこのお店!絶対また行こうと思ってからもう2年も経ってしまいました。。。

backtoback123.blog.fc2.com

ここのマスターである“時さん”は、私が東京に住んでいた頃、高円寺のとあるバーでよく会うお方でした。ママがライターである高円寺のこの店は、面白いクリエイターの方々がたくさん集まるお店だったのですが、当時時さんは、週刊○潮の記者だったのです。

当時から、取材の話、社会問題の裏話など、本当に興味深い話をいろいろ聞かせていただいたのですが、時さんは20年記者を勤めたあと、実家のある福岡に帰ってロックバーを始めたのです。

そんな店、面白くないわけがない!!!!

元記者でいて、映画も音楽もものすごく詳しい時さんのロックバーにて、結構真剣に社会問題の話や生き方の話をして、あー私が話したいことはこれなんだよーっていう想いが溢れ出るような、本当に楽しい時間を過ごしました。

f:id:sakelog:20170424234713j:plain

f:id:sakelog:20170424234740j:plain

途中、新聞記者のお客さんがやってきて、またいろいろ話が広がりました。そうそう、このこぢんまりした静かなバーで出会う人との何気ない会話が、私はやっぱり好きなんだなーと思いました。

勿論、マスヤバーも好きなんですけどね。また違った雰囲気!田舎にはあまり無いんだよなあ、、、こういうところ。

f:id:sakelog:20170425200529j:plain

f:id:sakelog:20170425200602j:plain
次の日はいちおう、大宰府に行くことは決めていたのです。太宰府天満宮は有名だけど、そこから徒歩40分のところにある竈門(かまど)神社が最高だという事前情報を得て、とりあえずそこに行ってみようと思っていたのですが、Back to Backで話をしていて、わりと近くの温泉街「二日市温泉」もいいよ、との情報を得たので、時間があればそこにも行こうと思いました。

Back to Backはやっぱりいいお店だなー。近くにあったら通いたいのに。。。また行こう。絶対行く。熊本も行くし、あと佐賀にも友達がいて会ってないし、もう九州ゆっくり時間をかけて一周したいな。一年以内にまた行こう!!

4/13(木)一日の行動と使ったお金

『阿蘇び心』を出発→徒歩で、市電田崎橋駅~桜の馬場城彩苑(17分170円)→甘酒購入(250円)→お城周辺散策(無料)→サントリー熊本工場(シャトルバス40分:無料)→サントリー工場見学(無料)・お土産購入(972円)→桜の馬場城彩苑→お土産購入(3,618円)→お土産とコートをヤマト便で発送(1,700円)→友達とランチ(太平燕850円)→ソフトクリーム(200円)→桜の馬場城彩苑~熊本駅(バス:150円)→熊本駅~博多駅(新幹線早割:3,000円)→博多~中洲川端(地下鉄:200円)→ゲストハウス花宿(2,800円)→友達と飲み(ご馳走していただきました。)→Back to Backで飲み(3,500円)

交通費:3,520円 宿泊費:2,800円 食費:4,800円 お土産(送料含む) 6,290円
合計17,410円

お土産は、家族とバイト先と楽団へと友達数人へ。私はいつでも荷物をMAX2つにしたいので、遠出をするときは必ず途中で増えた荷物を送ります。すごく安くはないが、あの荷物を持って旅をするのはかなり難しいので、ここは送ることにしました。コートも邪魔で邪魔で邪魔になってしまっていたので。