読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロサードプレイス

心が安らぐ場所をつくりたい

頑張らないことも負荷になる。

ずっと考えているのは、好きなことだけをして生きていきたいということなんだけれど、具体的にどうしたらいいのかっていうことはまだ分からなくて、考えながら今の仕事を続けているわけです。

同じようなことを考えている人がおちいる悩みはきっと、今の仕事にやりがいを見出すべきか、さっさと辞めて、成功するかはわからないけれど好きなことだけをやってみるべきか、ということだと思います。これに貯金があるかないかっていうことも関わってくるんだけど。

大きくわけて、2つの「教え」みたいなものがあると思うんです。

どんな仕事でも必ずやりがいは見出せるはず。今の仕事が嫌ならなんで嫌か、どうしたら楽しくなるかを分析してみよう、というのと

嫌なことをして過ごす時間は1分でも無駄なので、さっさと辞めよう。時は金なり、というものと。

これをぐるぐる考えたんですけどね、これどっちが正しいかっていうのは、つまらない答えですが、「人による」だと思うんです。

でもまずは、今の仕事が嫌だとして、なんで嫌なのか、嫌なことを改善できる要素はありそうかっていうことを客観的に考えてみるっていうのは、必要なことですよね。

いつも時間に追われていてそれが辛い、というなら、その時間を生み出す方法を考えるとか。そういうことを考えて実行できそうなポジションにいるのかっていうこともあるけれど。自分一人の力でどうにかなることも実は結構あるもので。少なくとも自分の時間の使い方は変えられますよね。

例えば私はわりと最近まで、家では一切仕事のことを考えないように、ON/OFFを確実に切り替えようって思ったんだけれど、最近実行しているのは、まあ私は持ち帰る仕事は殆ど無いのですけれど、だからこそ、仕事のことを振り返る時間を作ろう・作ったほうが翌日の自分が楽かもしれないと気づいて実行してみました。


職場に必ずいる「できる人」。ベテランの人もいれば、入ってきたばかりなのに誰からも驚かれるほどスキルが高い人っていますよね。勿論いろんな努力をされているはずなんですが、元々持っている人間としての能力、瞬間的な判断力(反射神経・・・でもいいのかな。)が良い人とそうでない人っていうのは絶対にいて、私は間違いなく後者なんです。何においても。

そういう人間が「何かをやる際にうまくいく方法」っていうのは絶対にあって、まあ当たり前だけど反復練習であったり、普通の人が1回聴いただけでその人のベースに自然とインプットされるようなことも、自分は繰り返し見て暗記して忘れたらまた覚えて、そうやってなんとか同じ場所で働くことに不具合はないくらいに持っていくとか。(決して「できる人だね」と言われることは無いが。)そう、家で仕事のことを振り返るのもそうだし。

そういう行為自体が、まあ決して楽しくはないんだけれど、少なくとも「仕事嫌だな」を少しでも回避する方法ではあるわけで。

例えば、仕事は嫌だけど完全にお金を稼ぐためだけにやると考えて、週末の趣味に没頭することでバランスをとる・・・という考え方で、家で仕事のことを一切忘れるとすると、今の私がそうした場合、仕事に対する負荷っていうのは永久に変わらないわけで。

嫌なこともつきつめてやれば楽しさが見出せるはず、っていうのとはまた違って、嫌だと思うことの負担を軽減させるためにやってもいいことはあると思うんです。

そう、「がんばらなくていい」が楽なときもあるんだけど、がんばらないことが余計負荷になることもあるんですよね。

というわけで今、仕事をラクにするためのアイディアを考え中。


【今日のメモ】
記事にするほどでもないことはこうやって書こう。

おしゃれな友達にプレゼントしようと思ったんだけど、ちょっと個性が強いかもと思ったんでやっぱり自分で使うことにしたマット。

ameblo.jp

レザー製品を作るときにでる余りの生地を細かく裁断して織り込んだマット。とりあえず靴を並べてみました。踏み心地が良いので、マットとして使うべきなんだがちょうど良い置き場が無く・・・。カラフルな部分が特にかわいい!¥1,900!安い!

f:id:sakelog:20160518180018j:plain
カイロに本腰を入れて取り組み、生活習慣がどんどん良くなっていきます。部屋を綺麗にキープしたい、住空間を大事にしたい、食事や人、なにより時間を大事にしたいという気持ちがどんどん生まれてくるもんだなあ・・・と思っています。

昨日の夕焼け。

f:id:sakelog:20160518180653j:plain

f:id:sakelog:20160518180716j:plain