読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロサードプレイス

心が安らぐ場所をつくりたい

好きってなんだ?

というわけで、目下の目標、早く帰る(+遅く行く)。

具体性は無いが、絶対ベースである「好きなことをして生きていきたい」に近づくために、いろいろ考えているんだけれど、とりあえず好きなことについてひたすら書いていこうと思いました。

ところで「好き」と言ってもいろんな「好き」がありますよね。

「好き」というエネルギーを、良くも悪くも人生最大に発散させていたのは、たぶん大学3年(21歳)~26歳くらいまでかな。。。今から10年以上前です。ライブ(主にギターロック)が大好きすぎて、自分の好きなバンドのことを伝えたくて、絶対にできないと思っていたホームページを自分で作ったり(今は一瞬でできますけどね。)ライブごとにレポートを書いたり、ライブの余韻を忘れたくないので遅く帰ってきてもすぐにレポートを書き上げたり、終わらなければ、会社の休み時間に書いていたり。結構な量だったと思います。で、それをホームページで伝えるだけじゃ飽き足らずイベントをやったりしていたわけです。

でも「好き」・・・というか「好きすぎる」という感情をうまく取り扱えなかったので、だいぶイタい奴だったなあと思います。「距離感」というものをうまくつかめず、たぶん沢山の人に不快な思いもさせたし、辛かったり悲しいこともたくさんありました。たくさん失敗をしました。(この「距離感」についてはまた別に書きたいです。)

でも今もっと大人になって、すこし器用になって、いろんなことにのめり込みすぎないようになって、「常温で生きてる」そんな感じの日々になりました。

そうすると、大きな失敗もしないし、ひどく傷ついて立ち直れないということもないし、そこそこ楽しく、わりと平和に暮らせるようになるわけです。何を我慢してもこれだけあればいい、という感情はなくなり、毎日疲れるなあと思いながら働いて、今までよりは少しだけ好きなものを買えたり、旅行に行けたりできるようになりました。

何を我慢してでもライブに行く!と思っていた頃は、年間120回くらいライブに行っていたのは、今ではちょっと考えられないですけれど。(物理的問題だけじゃなく。東京に住んでいてもたぶん行けない。)

その種類のエネルギーじゃないと作り出せないものって絶対にあって、すくなくとも今は絶対に持っていないもので、でもあの頃とまったく同じように生きたいわけでもなくて、いろんな私を融合させた、「新しい私の好き」が出てくるはずなんだよなあ~と思って今、好きだなあと思うことだけを書いてみようと思いました。

書くと、あれ、そんなに好きじゃないかもっていうのもたぶん分かるんだろうなって思う。

今、好きってなんだを模索中。