読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロサードプレイス

心が安らぐ場所をつくりたい

いつも理由を考える。

さいきんイラっとしたことってなんだっけなあ・・・と考える。仕事での本社とのやりとりの中で、かなあ。

でもこれも思い返してみると、結局「自分のレコードは自分で参照できない問題」だったなあと思うんです。

「この人はいつも言っていることが違う!」とか「こないだと言っていることが違う!」とかってよく聞く話ですが、最近の記事にも書いたけど、そして今の私の持論だけど、言っていることが全然変わらない人の方が少ないんじゃないか?少なくとも私はしょっちゅう言っていることが変わっている自信がすごくある!笑

変わるにしても、「この間まではこういう理由でAと思っていたけれど、こんなことを聞いたからBという考え方に変わった」と言うべきとも思えるんだけれど、

自分が生活の中において頭に浮かぶこと、そして人に話すこと全てにおいて「変わった」理由を覚えておくのは不可能だし、もっと言えば「変わった事実」を正確に認識することすら、100%なんて絶対不可能だし、1から10まで何もブレないなんてことは絶対にない。自分にないって思うから、他人がそうであっても不快に思ってはいけないなあと思い直したのでした。

だからって全てがブレまくっていいわけでもないし、1から10まで毎日言っていることが違うっていうことも、それはそれで絶対無いわけで、自分のことでも相手がいることでも、自分のレコードが参照できない前提で考えたり話していたりすれば、ストレスは少ないんじゃないかなあと思う。

今思いついた目標は、怒りとか苛立ちとかそういう感情をなるべくゼロに近づけよう、ということで。なんでそれができそうなんて思ったかというと、物事には全て理由があって、怒りも苛立ちも絶対理由があって、でもその苛立つ対象が苛立つ行為をするのにも理由があって、その仕組みを理解できたらすべてはむしろ「自然」だと言えるんじゃないかと思って。

今まではただ、一つの言葉に苛立ったりムカついたりしていたけれど、その言葉が発せられる理由は絶対にあって、そこに仕組みが絶対にあって、そこを明らかにしていくと、どんどん冷静になっていつのまにか不快な気持ちもなくなって、考えたことに対して達成感すら覚えたりする。

今振り返ると、自然にこのようなことをやっていた気がする。そういえば日常の中でムカつくことはだいぶ減ったように思う。そう、やっぱり怒りっていう感情はできるだけ持たないでいたいなって思うのだ。

ただ、楽しく生きたい。