ココロサードプレイス

山梨・東京・諏訪が好きな私のイベントのことやミニマリズムのこと。

時間をかけて「逃げ」について考えようと思っている。

今日は市の文化祭があり、また吹奏楽で出演してきました。そしてまた曲紹介などで喋りました。今日はちゃんとしたホールで(収容人数は500人くらいかな。今日はそんなに入ってないですけどね。100人くらいかな。。。)逆にホールの方が緊張しないなあと思いました。客席が暗いので。

そして今日は直前に喋る内容の急な変更があり(といっても短くなったんだけれど。)結局また紙を見ながら喋ってしまいました。でも、いろんな人に、声がいいねーとか、喋り向いているねーとか言ってもらえて、しかも自分もなかなか楽しくなってきたのでまた機会があったら是非やりたいなと思いました。

やりたいことの中に、「ちょっと緊張することをやる」を付け足そうかなと思いました。緊張することをわざわざやらなくても生きていけるんだけれど、自分が変われる確実な方法だとも思う。そして「緊張」って誰でも人生で直面する場面があるんだけれど、それを重ねていくと着実に克服できる(んだろうなーと思っている。)ことを知れば、なりたい自分になれるって強く実感できると思う。

そうね、例えばいろんな集団・・・会社だったら全体会議とか、小さければ友達数人と集まって話している時でも、疑問に思ったことをいろいろ考えないで口にしてみるとか、まあ 何かを人前で発表しようって想い続けていたらそんな機会はふとでてくるかと思います。

そう考えると、小学生とか中学生とかはいいよね。そんな機会散々あった気がするな。大人になって無駄な緊張とか避けて生きてけるのがいい気もしていたけど、嫌いな勉強もスポーツもしなくていいんだけど、嫌いな人と協力しなくてもいいんだけど、嫌なこと全力で避けて生きていけるんだけれど、それが自由な気もするんだけれど、で、何も悪いことはないんだけれど、

自分に明確なやりたいことが無いと、成長する機会を着実に失う気もする。そして明確にやりたいことなんて、無いことも多いと思う。

うん、避けてたことも少しずつやってみよう。逃げるのは悪いことじゃない。けど逃げないことも、だめなことじゃない。

時間をかけて「逃げ」について考えようと思っている。