ココロサードプレイス

山梨と東京のおすすめスポットと私のイベントのこと。

いつも泣きそうになる。

昨日は思ったより早く帰ってきたんですけれど、そのまま寝ました。いやー楽しかった。打ち上げが。

私はこの、地元の吹奏楽団に入って1年ちょっとくらいなんですが、入ったものの、積極的にみんなと仲良くなるぞーっていう努力はあまりしてきませんでした。それでも、みんな同じ目標とか目的があるから、別に普通に楽しくはやってこれちゃったんですが。。。

最近は自分が同じ会社のKくんやAちゃんを引き入れたこともあり、私ももっとみんなと音楽以外の話もしよう、と思って。そうして行った打ち上げなんですが、なんとっ、みんなに私の喋りを褒めてもらえて嬉しかったですよ(〃▽〃)やってよかったなあ。話すきっかけになってよかった!

ほんとにね、ほぼ1年くらいは、向こうが積極的に話してくれる人じゃないとなかなか喋れなかったもので・・・吹奏楽の練習って、会話しなくても終われちゃうんだよね。スポーツだとそうはならない気がするんだが。職業とかも知らなかった人たくさんいるもんね。まあ、いろんな人がいるんです。

みんなの仕事は、県庁、市役所職員・図書館司書・レントゲン技師・獣医・保育士・介護士・自動車整備士・ピアノ講師・銀行員・パティシエ・主婦・高校生・他は会社員、かな。そして年代は10代から60代まで。とりあえず私がいちばんふわふわしてます。それは間違いない。

そういえば私は、異業種交流会的なところに行きたい!と思ってそんなセミナーにも行ったりしていたんだけど、私既にそんな組織に属していたのにな!

今まで、例えば、職場の人という中で私がするカテゴライズがあって、社会という中で私がするカテゴライズがあって、無意識のうちに「この人はこういう人だ」みたいなことを思っていたんだけれど

今この地元の吹奏楽団でいうと、社会と年代と趣味(協力して1つの物をつくるというのがポイントなんだけど)という軸が交差していて、すると今まで私が使っていたカテゴライズがてんで間違ってるなっていうことに気づく。

何者でもない私がそこに存在していても、ひとつの音楽をつくるって目的があるから、そこからまたフラットな人間関係が始まるのだ。

その目的なくして、同じ人たちと会って話す機会があったとしても、全然見えない人間性って絶対あって(当たり前だけれど)、でも知らずに私は何かしらのカテゴライズをしたりしたと思うんだよね。そしてたくさん間違えてると思うんだよね。

馬鹿だなあとも思うし、でも、これからも間違えていきそうな自信がすごくあって、それは今間違えていることがわかっているけど、「何を」って言ったら明確には言えなくて、ただ、思っていたことと違うことってたくさんあるなあってことだけ言える。あーとても頭わるいかんじしかしないが、そうとしか言えない。

私はこれからもたくさん間違える。そして好きな人がたくさんいて、もっと仲良くなりたいなって思う人がたくさんいて、人って面白いなって思っている。人はそんなに簡単じゃないけど難しくもない。

上手く言えないけど、少なくとも今日どーしようもなく嫌だった仕事も、今ある楽しさがあればなんてことない。それは間違いない。楽しさも、いつだって今が最上級で、これからどんどん楽しくなるしかない。間違いない。