読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロサードプレイス

心が安らぐ場所をつくりたい

毎日打ちのめされたい、打ちのめされるべき。

今日2つ目の記事です。


私が今やっている吹奏楽って人生に似てるよなーって前から思っていて。いろんな楽器の人がいて、楽器は大きかったり小さかったり、音は目だったり目だたなかったり、楽器を含めルックスも、派手だったり地味だったり。ここに於いて、私は音も目立たず地味なルックスの、現実世界と同じ立ち位置だな~ぴったりだな~と思い1年も過ぎました。

入った時から、私のパートであるテナーサックスは一人だったんだけれど、今日他のメンバーと繋がりのあるテナーサックスの人が見学&合奏をしに来てくれたのです。

その人は26歳とまだ若いんだけれど、本当に上手くて、素敵な音色で、おおお!!!凄い人がいるんだなーって思いました。

隣だったので、少し話ができたのですが
私:「うまいですね~」
彼:「あ、ありがとうございます」

彼:「好きなサックス奏者とかいますか?」
私:「え、あ、私あまりよく知らなくて・・・・。ここ(楽団)にいて、課題の曲を頑張ってなんとか付いていっている感じです」

彼:「この人の演奏好きだな~っていう人を見つけると、その人の真似をしたくなるので、その人が吹いている曲とか、ただ自分が好きな曲どんどん吹いてみると楽しいんですよ~」
私:「おお、そうですね。おすすめの人教えてください!」

という感じで会話は続くのですが、話しながら思ったこと。

私は人生において、もうこういう生き方はしないぞって思ってた「こういう生き方」がまさに私の吹奏楽に対する姿勢。

・とりあえず属す
・とりあえず与えられた課題に取り組む
・できたらけっこう楽しい
・それ以上の楽しさを追求する努力ができない
・できなくても続けることに意義があると思っている
・これは趣味であり、趣味を持っている自分いい感じとか思っている

これに対して今日言われたことは(別に深く追求されたわけじゃなくなんてことない会話だったんだけれど、そこから私が脳内変換したこと。)

・本当に好きなことは何か
・なんでもっと楽しさを追求しないのか
・追求っていっても簡単な方法(好きな人をつくる・真似をしてみる)があるのに、なんでやらないのか
・っていうかそんなこと言われるまで気づけないのか
・ボーっと生きすぎ

っていうか、サックスやってて、好きなサックス奏者誰ってきかれてよく分かんないって何だよ。いや、私はソロの人とか興味無いけど、合奏が好きだからただ色んな曲を合奏したい!今が最高に楽しいんだ!って言えるならそれでもいいんだけど、そういうわけでもなく。悪くないけどなんだかなーと思っていたところで、やっと分かった。

私が人生でなりたくないって思っている状態「思考停止」そのものだったなあって思いました、吹奏楽における今の自分。やっぱり人生に似てるよなーって改めて思う。

そして人生においても、思考停止ってこういうふうになるんだよなーって改めて思う。


好きなことはどんどん追求していこう。それが人生に大きく関わるのかそうでないのか分からないけど、好きって思ったら、続けてもいいなって思うことがあるんなら、それはどんどん追求すべき。それが生きるエネルギーになるんだと思う。