読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロサードプレイス

心が安らぐ場所をつくりたい

ブックオフ買取値段

久々にブックオフへ、買取ってもらう目的で行きました。

処分が目的だったので幾らでも良かったのですが、一冊毎に買取値段が出るのが面白かったのでちょっと紹介します。

えーと、漫画は主に1冊5円でした。
・まっすぐにいこう・サイコメトラーEIJI・YASHAは、揃っていたのに、たぶん店舗に無い巻だけ買い取って貰えたよう。それ以外は買い取れない方に分類されてました。意外に安かったのが、Paradise kiss全5巻も5円。えーかなり状態いいんだけどなー。元々高いし。

じゃあ5円以外は何だったのか!
・ダーリンは外国人 が意外に30円。(いちおう5倍!笑)
文庫の小説も20~30円。小説の方が高い!

最高値100円は、天使なんかじゃない完全版(全4巻)、これで400円なんで、総額の半分です。

値がつかなかったものが20冊くらいかな。それを除いて51冊で835円でした。1,000円行くかな~と思っていたんだけど、おしいな。

でもこの何が幾らっていうの、楽しめますね。あと値が付かないものも引き取ってもらえるのでありがたい。

高く売りたいなら大手じゃない古本屋がいいみたいですね。あとはやっぱりネットで売るのが一番。私はそんなこと永久にできなそうなんで、とりあえず引き取ってもらえることに感謝です。

もっと高値が付きそうな本は、このあいだ地元の図書館に寄贈しました。これは是非いろんな人に読んでもらいたい、あと私もまたいつか読みたくなるかもっていう本。

はー、とりあえず少し部屋から物が無くなったら、また片付けたい意欲が湧いてきました。物がなくなるっていいね。

ここで私が東京に住んでいた頃から欠かさず買い、引越しの時にも全部持ってきて、何度も何度も何度も読み返していたインテリア雑誌に手をつけました。

ほんとうに最近まで、何度も何度も何度も読んでいたんですけどね、『ぼくたちに、もうモノは必要ない』を読んでから読み返したら、もう全てが色褪せて見えました。どんなに美しい凝ったハイセンスな部屋も、モノが少ないには叶わないと思うようになった。(作者の佐々木さんは、モノがゼロに近づくことが最良と言っているわけではないのですが。)

私の必要なモノの最適量はどこだ。

f:id:sakelog:20150920152714j:plain

f:id:sakelog:20150920152804j:plain