読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロサードプレイス

心が安らぐ場所をつくりたい

はてなブログを始めてよかった!

いい時代に生きているな~って思います。

ブログってすごい!!

(同じようなこと、以前にも書きましたが。)

というか、現代のブログってすごい!!

実際の知り合いじゃないのに、読んでもらえて、感想をもらえて、あまつさえ、楽しみとか言ってもらえたりするのだー。゚(゚´Д`゚)゚。

以前、不定期だったというのもあるけれど、ヤプログで細々と、それでも5年くらい書いていたけれど、そんなこと殆ど無かったと思うなー。

というか、実際の知り合いにすら読んでもらえない( ̄▽ ̄;)

自分がずっと思っていたこと。誰かに、うんうんって言って欲しいな~ってこと。誰も言ってくれなくて、ただ話を聞いてくれる人が欲しいって思っていたこと。特に山梨に帰ってきてから。どうしようもないとき、独り言(というか、語り)が出てくると結構重症です。そうなったら国吉さんに手紙を書く。たまに会いにいく。そういう人にいつもは会えなくて、今いるところがつまんなくてどうしようもないって思っていたけど、べつにそれ場所関係なかった。

聞いてもらうことをあきらめて、あきらめてもそれは4年くらいの間ストレスだった気がするけど、最近気づいたらそんなこと考えなくなっていて。それはここを書き始めたからかもしれない。そして全然知らない人が定期的に読んでくれる。いや、読んでくれる人が実際どう思ってくれてるかはそんなにわからないけれど。でも、前書いていたブログって大々的に告知して友達みんな知ってるのに、本当に全然読んでもらえない。笑

それをふまえると、ここを読んでくれている人って、もしや、ちょっと好きなものとかが近くて、それは全然自分が知らなかったことだとしても、その人のベースにある、自分が心動かされるものの形がなんか似てるのかもしれないな~って思います。

そういう言葉にできない微妙な部分(波長?とか)が合う人と合理的に現実世界で交流するって凄く難しい気がしていて、

なんていうかな、分かりやすい共通の好きなものがあったとしても、波長が合うって思えない人やことってたくさんあって

たとえば私はsyrup16gというバンドが好きだけど、syrup16g同じくらい好きな人と誰でも話合うかっていったら、そうでもないし。っていうか逆が多い気がする。この好きなものとか人にはいろんなものがあてはまるんだけど。(例えば私のプロフィールに書いてあるもの、 ちきりん / 堀江貴文 / マキタスポーツ / Theatre Brook / 忌野清志郎 / 東京ポッド許可局 / とか。)

あとはいろんなセミナーとか講演会とか行ってみても、あれ、同じもの同じくらいの情熱で好きそうなんだけど、全然仲良くなれそうにない・・・とかよくよくよく、あって。

この説明できない(すみません。時間をかけて考えれば説明できそうな気もします。)波長ってやっぱりあるのだ~と思っています。

もうちょっと書きたいけど、今日が終わりそうなのでまた。