ココロサードプレイス

山梨・東京・諏訪が好きな私のイベントのことやミニマリズムのこと。

22時までに寝て健康になる。

7月は8日休みのうち、何の予定も無く一日家にいた日が1日しか無くて、何をしていたんだっけなって思い返してみると(もう手帳を見ないと全く思い出せない)、・演奏会リハーサル・演奏会・syrup16gのライブ・白州蒸溜所・料理クラブ・小淵沢でかき氷・カイロ・・・・でした。あ、皮膚科も行ったり。

そして思ったのは、やっぱり自分の部屋が一番好きで、やりたいことを考えたり、本を読んだりしているのが一番楽しいんじゃないかなってことです。仕事から帰ってきて、夜寝るまでの時間・・・長いと6時間、短くても3時間とか、自由な時間があるっていうことがもう休みの日のように嬉しい。毎日休みがあるような気がするのです。「明日休みだー」っていう気分に毎日なれる。そして朝起きると、あ、そういえば休みじゃなかったって思ったりする。でも毎日ちょっと得な気分になれる。今の仕事が心底楽しい!っていうほどでなければ、拘束時間が短いっていうのは最重要かも。

そして最近は、深夜まで起きてしたいことをいろいろしよう、と思っていたんだけれど、カイロに行ってきてその夜から、なるべく早く寝ようと思いました。今もう22時半なんだけれど、できれば22時までに寝たい。睡眠大事。睡眠環境大事。

今年後半も旅行に行こうと思っていたんだけれど、その前に、健康な身体をつくることに注力しようと思います。身体の悩みはいつも引きずって、何かと並行に治したいな~とぼんやり思っていたので、身体を変えることに集中するぞって期間はあってもいいなって思いました。

多くの人が、身体の不調ってあると思うんだけれど、それを治すのが目標!ってあまり思わないかも。分かりやすく、病気とかにならない限り。仕事をし、遊び、生活の中で何かに気をつけようかなっていう人が多いんじゃないかと思う。でも、健康になることが第一の目標っていいかもって思ったのです。私も普通にフルタイムで働いて、病院にも行かないほうだし、重大な疾患があるとかじゃないけれど、それでもたくさんある不調、肩こり・腰痛・頭痛・胃痛・冷え・やる気がでないとかボーっとするとかいちいち姿勢悪いって言われることとか他にもたくさん、そういうの全て、ゼロになったら超楽しい気がする。なんでもできそう。

そういうことを考えると、早く寝るのが楽しみになってきたのです。早く寝るために無駄なことをやめようって思うようになって、それもよし。健康より大事なことは無い。(とりあえず今の私は。)