ココロサードプレイス

山梨と東京のおすすめスポットと私のイベントのこと。

「がんばる」の定義

今の職場で働き始めて3年8ヶ月くらい。今33歳ですが、人生で一番続いている仕事です。業界の中で転職というのもあったのですが、同じ職場で、というのは一番長い。次に長いのは2年ちょっとかな。あとは1~2年の間で転々としてきたわけです。

10代まではこういう人生は全く想像していなかったです。高校は地元の進学校に通っていて、同級生の現在の仕事は、医師・弁護士・看護師・薬剤師・国家公務員・教員・他公務員・または誰でも名前を知っている大企業勤務など。高校時代の自分は教員になりたいと言っていたと思います。

同級生のようになれなかった理由は15年くらいの間に、たぶん5000回くらい考えたと思うけれど、そして理由を導き出したりしたけれど、そしてそれらの理由もたぶん間違っていないんだけれど、最も明確な理由は1つだっていうことは、ここ数週間で分かったのです。

あ、これは「そんな私も今すごく楽しい仕事に出会って続けていられるのです」
っていう話じゃ全然ないです。

今の仕事も全く楽しくないし、ずっと辞めたいと思っていたし、実際周りの人はどんどん辞めていくし、こんな私が続けていられるのが不思議なんですが、今は環境的に転職が難しいっていうのと家族の支えがあるっていうのが大きいのかなと思っています。そして特に秀でたところがある訳じゃないのですが、人が辞めていくもんで、繰り上がりで上のポジションに移動していく訳です。より上、ってなったときに、ほんとうに1ヶ月くらい前までは絶っっっ対無理無理無理!!!!!と思っていたのです。できるわけないしやりたくない。潮時だな~~~と思ったのです。次働きたいなって思う仕事も探したし、その為の計画も立てたし。あとは言うだけ、というような感じでした。

ちょっとひっかかったのは、3年8ヶ月続けられたことを辞めるのが勿体無いかなということ。そして人生の目標「好きなことだけをして生きていく」の好きなことを見つけるために、また好きでないことを1から始めるのはなんだかなあということ。そして私は同じことを繰り返して同じことを悩む可能性が大いにあるということ。

その時にふと思ったのは、今の仕事が辛くて限界だーと思うことがよくあったのだけれど、限界っていうほど限界でもないんだよな、とは心のどこかで分かっていたこと。まず拘束時間で言ったら全然大したことない。20代の時は8時~終電まで休みもほぼ無く働いていたこともあったので、そんなのに比べたら全然なんてことない。そして家に持ち帰る仕事もほぼ無い。ただ、そこにいる間は辛いことも大変なこともあるんだけれど、それだって神経をすり減らして・・・というほどでもないかな。

ここまで考えて、私が高校時代の勉強も、誰かとやる趣味(音楽やスポーツ)も、これまでの続かなかった仕事も、そして今の仕事も、私の人生に関わるすべて、全力でやったことは一つもないんじゃないかなーと思ったわけです。いや、頑張ったことはたくさんある、とも思った。けどね、「全力の頑張り」の域に到達する手前にある域「そこそこの頑張り」の天井にあるうすーい壁に到達するときに感じる負荷って、自分の最大の頑張りに錯覚しやすいんだな、と思ったわけです。もっと言えば、わざと最大の頑張りに置き換えたくなる。

人生で大事で、人として大事なのは、元々の能力がどれだけ高いかということじゃなく、どれだけ器用かということじゃなく、自分のやっていることは「全力」の域なのか「そこそこ」の域なのかってことだなあと思ったのです。

って思った瞬間に、絶対無理って思っていたことが、そうでもないかもって思えたのです。不思議だな~と思ったけど、なんてことはない、自分が「無理と認定すべし」と思うのを止めただけのことなんです。

そうするとね、趣味でもなんでも、もっと上手くなりたいな~と思っていたことに対して、だけど面倒だな難しいな無理だなって思っていた(暗示をかけていた)フィルターを簡単に取り去ることができるんだなーと分かってきた。

頑張るっていうのは、無理だと思うことをやることかな、と思う。それを継続していくことかな。

私が敬愛する方々の中には「この会社ちがう」って思ったらすぐ辞めてよし、って提案している人がたくさんいて、そうだよなと思っていたんだけれど、それはやっぱり当てはまる人と当てはまらない人がいるのかな。元々の能力が高い、センスが良い人はいいと思う。そうじゃなくても、何回も何回も辞めても好きなことにいつか辿り着けるということかもしれないし、それが絶対悪いことじゃないとは思う。でも、少なくとも今の私には当てはまらないかなと思う。5年後くらいにはもう少し当てになる「ちがう」ってわかるセンスが磨かれている気はするけれど。

仕事だけじゃなくて、「できないけどできたらいいのに」って思うこと全てに、自分を成長させる要素がある。価値がある。あとは、「無理って思うフリをやめる」ことだけかなと。

って思っていたことは正しかったよって何年後かに言いたい。