読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロサードプレイス

心が安らぐ場所をつくりたい

楽しく生きるということについて。

 先日、無事にイベントが終了しましたが、その前々日書きかけだった記事をアップします。


私はここ2年くらいの間、かさこ塾に通ったり、ブログを始めたり、5年くらい遠ざかっていた音楽関係の活動を始めたり、西野亮廣さんのオンラインサロンに入ったりして、自由でクリエイティブでクレバーでアクティブで面白くて既存の考え方にとらわれない、そんな素晴らしい人たちにたくさん会えて、本当に楽しい毎日だ。

例えば、はてなブログを始めたことで知り合えたA1理論さんもその一人だ。

今自分も、あまり多くの人が選択しない生き方(上手くいくか分からないけど、好きなことをするために会社員を辞める)をしようとしているが、そうしようと思えたのは、上記のような人たちの考え方にたくさん触れることができたからだと思う。

だけど、実際、上記のような人たちはそもそも、物凄く優秀なのである。大学受験をしていない人もいるかもしれないけれど、例えば同時期に高校で模試を受けていたとしたら、自分より遥か上の偏差値であっただろうし、同じ会社にいたとしたら、絶対に同じポジションにいないはずである。

まず、私は会社員が本当に向いていない。何かの作業を、50人いたら1,2人くらいできない人が出てくる、その1,2人の中に入る人間だと思う。単純作業・・・何かを正確に数えるとか、一つも間違えず清書するとか、10個のタスクを1つも忘れないとか、その作業レベルが50人中99%ができるものだとしたら、できない1%に入る自信がものすごくある。そういう人間は、新しい組織に属した初期の段階で「仕事ができない人」カテゴリに分類される。


そのカテゴリに分類された時点で、当然ながら他の99%に向けられるより数倍厳しい目線で仕事の精度を観察される→失敗した時点で他の99%が同じ失敗をした場合より3倍くらい厳しく叱責される→失敗したくないと強く思う→潜在意識に刷り込まれた失敗したくないという想いがさらに失敗を引き起こす、という悪循環が生まれる。

99%側の人間(の一部)は言う、「できるまで人より努力すればいいだけだ」と。

それは、物理的に・科学的に、間違いなく正しい事実だ。人間ができることにおいて、努力した結果の、伸びしろがゼロということはまず無いはずだ。そんなことは分かっている。


だが、例えば不得意科目30点を5年かけて35点にするような行為を、その法則にあてはめてよいのかということだ。あらかじめ5点分しかないであろう伸びしろに対し、「努力すれば伸びるはずだ」と言い続けていてよいのかということだ。

自分がこの5年強のあいだにしてきたことは、30点を35点にする行為だったと思う。できるようになったことはあった。学んだことはあった。そんなことは当たり前である。人間は、5年間ただボーッと毎日をすごしていても、何一つ成長がない状態で居続けることなど逆に不可能である。だけどその5点は5年の労力と心の痛みに相応であったのかということを、ほんとうは、日々考えていなくてはいけないのだ。


私は音楽が好きで、ライブが好きなので、自分が好きなミュージシャンの方々をいろんな人に見て欲しくて趣味でイベントをやっていた。5年のブランクがあったけれど、去年の3月に山梨に帰ってきて初めてイベントを開催した。2/25は山梨で2回目の開催である。

具体的にどんなことをするのかというのは、長くなるので別の機会に書こうと思うけれど、まあまあ煩雑な仕事ではあると思う。

でもそういえば、自分という人間は50人中49人ができることができない人間なのである。当然この過程で失敗をたくさんする。だけど、全てはなぜか心地よい疲労となり、そして1年前よりできることは、確実にものすごく増えている。

もっとああすればよかった・こうすればよかった、と思うことはたくさんあるけれど、イベントをやめればよかったと思ったことは一度もない。

ここ一年の間、こうやってできるようになったことを、自分の中で点数に換算すれば、50点が70点ぐらいかなあと思う。そして満点は100点じゃなく、100点じゃないことに物凄くわくわくできるのである。

だから是非みんなも好きなことを仕事に!とは今は全然言えない。なぜなら、私は好きなことだけで生活することが、まだできていないからだ。

でも、それを目指そうと思って、まず会社を辞めると決めてから、本当に良いことしか起こっていない。言い方を変えると、何が起きても全部をプラスの方向に考えることができる。

この心地よさは、長らく感じたことが無いと思う。お金では買えない心地よさだ。

人間関係に悩まなくてもいい、重責に怯えなくてもいい、思ったとおりにやってみて、100%自分の責任で失敗し、自分で取り返す。イメージを形にしようと思って、思っていたより10倍くらい上手くいかないことを実感してみる。考えて、またやってみる。それを、応援してくれる人がいる。

過去の自分に申し訳ないことをしていたなあと心から思う。そんなに閉じ込めなくてよかったのに、そんなに我慢をしなくてよかったのに、そんなにできない自分を責めなくてよかったのに、そんなに理不尽を飲み込まなくてよかったのに。

今は、今何者でもない私が自信を持って多くの人にこの生き方を推奨できるような人間になりたいなあというのも一つの目標である。

でも、一番は、ただ、楽しく生きたい。楽しく生きるのだ。そうやって生きられるであろう、根拠のない自信が溢れている。だって間違いないのだ、たぶん。明らかに景色の違う場所が、もうすぐそこに見えているのだから。

最近

最近は毎日「○○すればよかったなー」という言葉をつぶやいていて、それって一年前もそうで、ずっとそうで何も変わってないなーと思っています。でも自分のやりたいことがニッチすぎて正解がよくわからない。イベントについてひびやっていることとか書いていきたいなーと3ヶ月前くらいは思っていたけど泥臭すぎて書けない。そんなこと言ってるからだめなんだなー。でも今年はとにかく種をまいていこう。ひたすら!たぶんちょっとしたテクニックとか、効率性とかあるんだろうけど、いろいろやってればだんだん舗装された道にたどり着けそうな気がしています。

今4つのイベントを同時進行で進めています。これやっぱり仕事辞めるからどんどん先の予定が立てられるようになったので、辞めることにして本当に良かったと思いました。正解が全然わからないので、自分なりに思いついたことをどんどんやってこう、とりあえず進もうと思っています。意味ないかもしれないけど、家にいて何もしてないよりネットでつぶやきつづけたほうがいいし、誰にも会わないよりは一人でも多くの人に会ったほうがいいし、時間とかお金とか無駄にするかもしれないけど後でとりかえそうと思います。

来週の土曜日2月25日に、山梨県は甲府市にある桜座というところで、私が好きなミュージシャン3組が出演するイベントがあります。

2017年2月25日(土)@桜座(山梨県甲府市)
ナカヤママリコと楽しむ会 第二回

http://maricommu.net/

【出演】
Andare(ex-国吉亜耶子and西川真吾Duo)(東京)

タテタカコ(長野) 

ダンデライオン(中西ヒロキ&中込伸行)(山梨)

開場 18:00/ 開演 18:30 前売り 3,000円 / 当日3,500円
(共にドリンク代+500円)
※中学生以下無料 お子様連れも歓迎です(´∀`*)
美しい歌の数々を、座ってゆっくりご堪能いただけます。 


■ご予約・お問い合わせ hikari82@hotmail.co.jp (コメント等でも結構です。)
お名前とご希望枚数をお知らせ下さい。
■Facebook ページ 
https://www.facebook.com/events/839648922805045/

■桜座

http://www.sakuraza.jp/

「楽しもう」って変だなあと思ったこと。

西野亮廣さんから『えんとつ町のプペル』のクラウドファンディングのリターン「お礼の電話」がきたーーーーー!!ものすごく嬉しい。「どうも~西野です~」ってきたーーーー!!笑

一度出そびれて、西野さんのサロンの中でその時の非通知の電話が西野さんだったことを知って、もうかかってこないかなーと思っていたんだけど、ちゃんとかかってきた。物凄く丁寧にお礼とこれからやりたいことを話して下さった。私はアワアワして、ただ「ファンです、応援してます、嬉しいです」を何度も何度も繰り返していた。めっちゃ汗かいた。

自分のことを話したいなとも、ちょっと思ったけど、いや、いつか直接話せるようになるんだ!と思った。

このクラウドファンディングのリターンの中に、30万で『西野亮廣の独演会を開催できる権利+絵本100冊』と『えんとつ町のプペル展+西野亮廣トークショーを開催できる権利』っていうのがあって、すごく迷ったんだよね。でも2/25に向けていろいろ動いていたのと、自分の手に負えるだろうかとか考えているうちに売り切れちゃったんだけど。

その後、権利を買った人がどんどん個展を開いたり、開く準備をしている様子をFacebookで見て、素人の人も多いのだけれど、西野さんのフィードバックが物凄くて、厳しいけど絶対バカにしない、一緒にいいものにしたいっていう姿勢がほんとうにすごい。だって相手はもう権利を買っちゃっているわけで、自分の手を離れているっちゃ離れているわけで、もちろん自分の作品を扱うイベントだから、クオリティ低すぎたら困るっていうのはあるんだけど、主催でなくとも絶対お客さんを楽しませたいし主催者が成長して欲しいという想いが本当に半端でない。

でも私も、ダメすぎる私もいろんな人に、大好きな人たちにフィードバックをもらっていて、物凄く幸せすぎるのだ!!!!

今日保育園児の前で吹奏楽の演奏をしてきた。子どもは本当に凄いと思った。

面白かったら爆笑するし、質問したらどんどん発言するし、好きな歌は全員熱唱するし、楽器近くに見に来て~って言ったらどんどん来てくれるし。

その場にいる全員が自然と全力で熱唱しちゃうライブって見たことなかったわー!!!いつからこういうことがだんだんできなくなってきちゃうんだっけなー、、、と思った。ちなみに一番熱唱してたのは『勇気100%』。アナ雪もアンパンマンのマーチも大人気だった。

「楽しもう」って言葉、よく聞きますよね。今日はいろいろ忘れて楽しもうとか、せっかくだから楽しもうとか。

「楽しい」って、何も考えずに感じることなんだけど。「甘い」とか「痛い」とかと同じように。でも自分は「楽しい」を100%純粋に感じることを阻害するいろんなものを蓄積しているんじゃないかなあと思った。 そうそう、そういう蓄積(恥ずかしいとか人からどう思われるんだろうとかそういう感情)をひとつずつ捨てていこうと思ってるとこだった。

「ただただ楽しい」に純粋に反応できないくらい感性の鈍りを感じる今であったり自分であったりが、何かをぶつけられたように衝撃を受けて「うわあーいいなあー、これいいなあーーーー」って思う瞬間を、1秒で涙が溢れそうになるあの瞬間を、どうにかこうにかして、他の誰かにも伝えたくて、どうしたらいいのかを考え続けている。全然正解が分からないのだけれど、とりあえずやり続ける。

いつか西野さんに会って話したいな。

夢を叶える目標達成シート②

改めて、ミキコさんの記事を読んでみてやった『夢を叶える目標達成シート』について書きます。

fuufu2.hatenablog.com

どんなシートかというと
①9×9のマスを作ります。(手書きでも良いですがエクセルが楽です。)
②真ん中(上下左右どこから数えても5番目)に一番叶えたい目標を書きます。
③②の周り8マスに、その目標を叶えるために必要なことを書きます。
④その8項目を叶えるために必要なことを、残りのマスを使って書きます。
文字で書くと分かりづらいので・・・これが自分で書き込んだシートです。

f:id:sakelog:20170202104212p:plain

これをやってみて思ったのは、オレンジ以外のマスの部分も更に細分化できるし、違うオレンジのマスに対して必要なこと(オレンジ以外)が共通していることもあるし、とにかくやるべきことは限りなくあるなあと思いました。

あと人からフィードバックを貰った方がいいですね。私が見落としている部分とか勘違いしている部分もあると思うので。質問してもらってもいいと思うし。身近な人にこれを見てもらって聞いてみようと思いました。

今まではこういったものはとても公開できなという気持ちでいたので、ここに書いてもいいなと思えただけ成長している気がします。

書きながら自分のことが整理できていいですね。日々迷ったときはこれを読み返そうと思います。そして一年後とかにまたやってみて比較したいですね。

やりたいことを達成するためには、いろんな方向からやっていくことがあるなあ。

一つの物事に対して、こういうふうに細分化して必要なことを掘り下げるのもいいですね。

私だったら、中心を『イベント成功』にして、周りに必要なことを書き込んでいくという感じで。

いろいろやってみようと思います。

夢を叶える目標達成シート①

ミキコさんの記事を読んで、私もやってみました!

fuufu2.hatenablog.com

ここに達成シートを貼って解説していこうと思ったのですが、この目標を考えた過程を綴っていたら結構長くなったので、シートは次の記事に書きます。

これをやってみようと思って、いろいろ考えながらマスを埋めていく中で、改めて自分を見つめ直して以下のようなことを書けるようになりました。やってよかったな。ミキコさんありがとうございます。

 

去年念願の『会社を辞める宣言』をすることができました。4月からフリーターになります。フリーランスとは言えない・・。

2年以上前から、「好きなことを仕事にして生きていくにはどうしたらいいのだろう」ということを考えていて、その時はまだ、いろいろ好きなことはあるけど「これが一番好きだ」というものも定まっていなかったのだけれど、とにかく「自分で何かをしたい!」と思っていました。

東京に住んでいたときに、仕事とは別に自分が主催の音楽イベントを開催していて(全然上手くいってなかったけど。)、それ1本では絶対に生活はできないけれど、東京に住んでいたときのように、イベントを軸にやりたいことをボチボチ考えようと思っていたのですが、半年くらい前からより一層仕事が辛くなりました。

本当はもう2年ぐらい頑張ってお金を貯めながら、好きなイベント等だけでも生活できるようになろう、というのが1年ぐらい前の目標でしたが、半年前から、このままだと心が死ぬと思って、とにかく会社を辞めるためにはどうしたらいいのかということを必死で考えました。

そして、べつに何か一つで独立できなくても、バイトすればいいじゃん、と思って辞めることにしました。いちおう2年先までそのスタンスで生活できるのかシミュレーションはしましたが、正直それが確実かなんて分かりません。でもとりあえず死ぬことはないと思って辞めることにしました。

それを決めてから既に3ヶ月以上経過していますが、この5年間の中で最も心が穏やかです。今自分のイベントまで1ヶ月を切っていて、集客に対して焦りはあるのですが、それらは全部自分の責任なので、全て自分の裁量で決まるということは、私はやっぱり心地が良いなと思っています。辛いことも、です。

仕事がより一層辛くなったことで、好きなことをして生きていくためにはどうしたらいいのかというのを超真剣に考えて、今まで全く出てこなかった「好きなことをしながらバイトすればいいじゃん」という発想を捻り出せたことについては本当に良かったと思っています。今までと変わらず「そこそこ辛いけどやっていけないこともない」という環境だと、絶対にこの考えは出てきませんでした。

今考えれば、なんていうことない発想なんだけど(東京に住んでいたときはそうやって生活していたし)、5年間この田舎の実家で会社員(しかも契約社員なのに)というスタンスはとても壊せないというような、全く意味不明の強迫観念に苛まれていたことも今となっては本当に謎です。まさかの両親もすんなり賛成してくれたし!

私はイベントをやるために、(1年前にはとんでもないと思っていたんだけど)顔出しもすることにしました。(本名でブログとかを書くのは元々そうしたいからだけど。)仕事もプライベートもSNSは何も使い分けず・・・なので私の中では最大限当たり障りなく書けることを書こうと思っていました。

職場の人が読んでいる可能性もあるので書きづらいなと思っていたこともあるけれど、もう別にいいかと思いました。正直に、仕事は辛くて辛くて辛くてただひたすらに辛い5年間でした。勿論成長はあったけれど、逆に、生きていて何も成長が無いなんてことは絶対にありえません。大事なのは労力と成長のバランスだと思います。もし、仕事が辛くて辞めたいけれど、成長できたこともあるから辞めるのは勿体無いと考えている人がいたら、成長するのはごく当たり前のことなので、その成長スピードや内容が、自分が費やしたことに対してどのくらい反映されているのかは考えるべきだと思います。

でも今の職場で良かったことは、たくさんの良い出会いがあったことです。もう辞めてしまった人も、今でも働いている人も、この会社に来なければ会えなかったし再会できなかった人、今の生活に繋がっている人がたくさんいて、それは本当に良かったと思っています。まあ、これも今の職場を選ばなければ今は知らない別の出会いがあったわけで、何が一番良かったかというのは言えないのですが、少なくとも出会えてよかったと思える人がたくさんいるというのは救いです。

目標達成シートを埋めていく中で、自分にとって大事なものや、別に守らなくてもいいものが見えてきました。これは、かかげて目指すだけじゃなくて、自分の本当の気持ちを確認するためにも、やってみてよかったなと思いました。また次回書きます。

甲府 春光堂書店の魅力

甲府の街中に『春光堂書店』さんという、おすすめの本屋さんがあります。


街中の小さな地域密着型の本屋さん(タバコも売っている!)なのですが、このコーナーに感動しました。

f:id:sakelog:20170131112528j:plain

f:id:sakelog:20170131112550j:plain

f:id:sakelog:20170131112614j:plain

・ゲストハウスガイド100
・ゲストハウスに泊まろう
・ローカル鉄道という希望
・いま、地方で生きるということ
・地域ブランドデザイン集
・もたない男
・未来住まい方会議 などなど、、、、

いや、テナントの大きな本屋さんとかでこういうコーナーはありそうなんですけど、甲府の街中の地域密着型の本屋さん(タバコも売ってる!)でこの特集!!思わずお店の方に話しかけてしまいました。
私:「すごく良いコーナーですね!好みの本がたくさんあります!!」
店員さん:「社員でこういうジャンルが好きな者がいましてね。まあ、みんながみんな好きというジャンルではないのですけれど、、、」
とおっしゃっていました。

以前この記事を読んで(4年程前の記事ですが)、ご家族を中心に経営されているところなんだと知りましたが、凄くいろいろな取り組みをされているんですね。

colocal.jp

お店のHPを見ると

harulight.com

読書会や、個人向けブックレター(毎月一冊絵本を送るサービス。手紙のやりとりからお客様の好みを考えて。)など、気になる活動がたくさんあります!!

いいな~。私もここでイベントなにかやらせてもらえないだろうか。

甲府はまだまだ良いお店がたくさんあるので、私の好きなお店をまとめた地図をつくろうかと思います。

写真がなくても行きたいお店。林伸次さんの記事を読んで。

私は林伸次さんという方が好きで、林さんのcakesやnoteの記事は欠かさず読んでいます。林さんは渋谷にあるbar bossaというバーのマスターなのですが、本も書かれているし、他にもいろいろな活動をされています。

そして、林さんは自分が好きなお店の話なんかもよく書かれるのですが、このnoteの記事を読んで、凄くこのお蕎麦屋さんに行ってみたくなりました。(林さんの記事は投げ銭制なので、どなたでもほぼ全文を読むことができます。↓)

この記事を読んで凄く新鮮さを感じました。

基本人は、本当に「いいな」と思ったら、身近な人をはじめ、より多くの人にその良さを伝えたいと思うし、そして今や10年前より5年前より、“良さを人に伝える手段”というものは、とても手軽です。

殆どの人が常にカメラを携帯し、それで撮影される写真は一瞬でネットにアップでき、それが簡単に多数の人へ伝えられる複数の場所を、多くの人が持っています。よく言われていますが、一億総ライター時代です。

飲食店などは今や“撮られること”を意識している所も、物凄く増えたと思います。そして人が撮影している写真を見て、まあ大体綺麗だし美味しそうだし、私は高確率で「イイネ」を押します。

そして私は、今やたくさんの人のブログを読む毎日で、特にはてなブロガーの方々は写真も内容も充実していて、ブロガーの方の記事を読んだことがきっかけで、実際訪れた場所もたくさんあります。

だから逆に、この林さんのとてもシンプルな形態で書かれた文章がとても新鮮に感じました。でも読み進めていくうちに、わくわくして、ああ行ってみたいなあと、確かめたい欲求みたいなものが湧いてきて、ここに写真が無いことが逆にとってもいいなあと思ったんですよね。(林さんが、あえてこのお店というのをつまびらかにしていないというのもありますが。)


そう、私は、写真撮り忘れたーとか、綺麗に写っていなかったとか、がっかりすることも多々あるのですが、写真が無くても・・・むしろ無いから伝わる良さもありますよね。(勿論写真の素晴らしさもたくさんあります。)

私は文書を書く方で好きな方はたくさんいるのですが、「この人みたいになりたいなあ」ということは今まであまり思いませんでした。でも、林さんに対しては、こんな文章を書きたいなあ・・・という憧れがあります。

林さんはスマホもガラケーも持っておらず、文章を書くときはネットを参照しないように、あえてポメラ(デジタルメモ)を使っているそうです。

私は今この瞬間もそうだけれど、こうやってブログを書く時にはほぼ絶対何かを参照するし、自分の趣旨は世の中と相反しているかどうかも時に調べちゃったりするし、大体何かに引っ張られた文章になっているはずです。

そういう私がこれからやろうと思うことは、いきなりもう調べない!ということじゃなくて(絶対書くの嫌になる)、やっぱりそれだけの自信を持てるぐらい、好きなものを追求したいなあということです。

私も自分の好きな音楽があって、それをたくさんの人に伝えたくてイベントをやろうと思っています。そして、その演者を全く知らない人にもイベントに来てもらいたいと思ったら、やっぱり動画を見てもらったり、音源を聞いてもらったりして、気に入ってもらえたらいいな、と思うのだけれど、そこからじゃあ3,000円とかを払って行き慣れない場所に来てもらうということは、なかなかにハードルが高くて、それが正攻法ではないなーということは分かっています。

考えたのだけど、この一年間は、信用を得る年にしようと思いました。自分がどんな趣味の人間で、なぜそれが好きで、だからこうして生きているとかそういうことを、写真や動画以上の言葉を尽くして尽くして、たくさんの人に伝える一年にしようと思いました。

音楽が好きだけど、その音楽は知らない、という人は勿論、普段あまり音楽は聞かないとか、ライブというものに行ったことがないという人にも、あなたがすすめるなら楽しいのかもね、と思ってもらえるようになれたらいいなと思います。そして、音楽は好みというものが確実に存在するけれど、好みかどうかという軸だけじゃなくて、それ以外に楽しめる要素を考えたいと思いました。

西野亮廣さんが、「イベントを待ち合わせ場所にしよう」ということを仰っていて、ああ、これだなあと思ったのです。演者を深く知っている人だけがその瞬間を楽しむためだけに行くのじゃなくて、そこに集まって皆で何かをすることが重要というか、えー、だから自分にはどんなことができるのかとか、何が足りないのか、まだまだ考えなくてはいけないのだけれど、とりあえず今やることは、今持ってるだけの言葉を尽くして自分の信用を積み重ねていくことだと思いました。

もう今の仕事を辞めることは決まっているので、本来は自分の仕事となるイベントをどんどん作っていかなくてはいけないところなのですが、しっくりこない感の意味が分かりました。とりあえず住む場所はあるので、これから基本に立ち返って、種を蒔いていこうと思います。