読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロサードプレイス

心が安らぐ場所をつくりたい

インタビューをしてもらって思ったこと

先日、人気ブログ『俺、まちがってねぇよな?』の星川さんに、イベンターとしてインタビューしていただきました!!

www.shellbys.com

インタビューを受けて良かったこと

・自分では永久に書けないことを伝えられた
・人と話すことで、自分で気付けなかった自分の面が見えた
・自分の話が相手にどう伝わっているのかが分かった

それぞれどういうことか書いていきます。

自分では永久に書けないことを伝えられた

イベントについては、何度か書こうと思っていたのですが、なかなか難しくて途中でやめていたんですよね。自分で書いていると、偉そうだなーとか、どこまで書いていいんだろうとか、つまんないかなとか、物凄く考えてしまって。

だけど、こうやってインタビューという形で聞いてもらえると、「人はどんなことを知りたいのか」というのが分かって良かったです。

あと、自分では「こんなことしてもらえたら嬉しい」とか「こんな人に出てもらいたい」とか書きづらいじゃないですか。笑

でも、一問一答みたいな感じだと違和感なく伝えられていいなと思いました。

 

人と話すことで、自分で気付けなかった自分の面が見えた

自分は自分の明確な信念を持って行動しているつもりだったけれど、いざそれを人に会話で伝えようとすると、「あ、そこまで考えてなかった」とか「あれ、私矛盾してる?」とかっていうことが結構出てくる。自分の頭の中で完結していることって、一度外に取り出してみないと、足りない部分も見えてこないんですよね。自分の中では全部都合よく解釈しちゃうから!

あと、「信念」があるつもりでも、言葉にすると全然うまく説明できないということがよく分かりました。これは訓練が必要だなと思いました。頭で考える→書いてみる→人に伝えてみる、ここまでして初めて、「自分が考えていること」は「人に説明できるほどに熟考しているのか」どうかが分かるなあと思いました。

 

自分の話が相手にどう伝わっているのかが分かった

星川さんとは2時間くらいお話しをしたのですが、その後下書きを送っていただき(めちゃくちゃ早かった!)読んでみたところ、自分のくどい話を非常に完結にまとめてくださっていて、かつ、「これは省略しすぎだ!」とかそういったことは全然思わなかったんですよね。

これは星川さんがバンドマンだからとか、元々知らない仲ではないというのは勿論あると思うのですが、少なくとも、私の話す言葉はつたなくとも、趣旨は伝えることができたことと、逆にこういう言い回し(星川さんの解釈)をすればもっと人に伝わりやすいなということがよく分かりました。

私の言葉→星川さんの解釈→星川さんの書き言葉→私の理解

このプロセスって、日常の中でありそうで実は全然無い!!!!

常日頃から会話が大事だと思っていたけれど、会話をしていても、というか会話をしているのに実は伝わってないなんてこと、よくありますよね。これは書きおこしたら明確にその伝わってなさって分かると思うんです。

会話って結構あいまい!!お互い分かったつもりになっちゃうのって結構簡単なんですよね。

星川さんには自分の言いたいことをよくよく汲んでいただけて、かつ、このインタビュー記事を読んだことで、私は自分のことを説明するときに、これまでよりもっとシンプルに分かりやすく言えると思います。

 

インタビューのすすめ

相手を深く知るということは、勿論話すことが何より大事だと思うのですが、それを更に自分の中で解釈して自分の言葉にするということは、いろんなものの価値を高めると思いました。私はインタビューする側はまだしたことがありませんが、今度是非やってみたいと思いました。インタビューには多分こんな価値があると思います。
・お互いの理解が、会話するだけより遥かに深まる
・まとめる力の向上
・知らなかった自分を知る

 

今月は、実はもう1件取材を受けていて、それが来月某フリーマガジンに掲載されます。また全然違う人の視点から私という人間の解釈が、その方の言葉によって綴られるというのは、本当に楽しみです。

自分という人間の曖昧さや、自分だから気付けなかったことなどに、こんな形でこれからも出会える機会があったら本当にいいなあと思います。


星川さん、ありがとうございました!!

会社を辞めて1ヶ月

好きを仕事に


イベント企画を仕事にしたくて、3月末で会社を辞めました。と言っても、イベント企画だけでは全然生活ができないので、今は元々いた会社と家業の2箇所でアルバイトをしています。

そんな生活も1ヶ月が過ぎて思ったことはすごくたくさんありました。

・バイトは物凄く気が楽
・4月は遠征しすぎた!
・元々の仕事に対する不安や心の疲労は物凄く大きかった
・元の仕事のスタイルには絶対に戻れない
・だがイベントに対しても別の不安はある
・集客できるか、出演してもらえるか、トラブルはないか
・MAXでバイトしないと生活できない
・夜にフライヤー作ったりブッキングを考えたり告知したりブログ書いたり
・PC使えなさすぎ
・音楽、人、技術いろんなこと知らなさすぎ
・音響の勉強をしたい
・今は単に趣味を謳歌しているフリーターである
・という生き方も良いのだが
・自分の「好きなことで生きてく」とはまた違うのだ
・小さい会場は小さいなりの難しさがある
・キャンセルを必ず申し出てもらう
・逃げ場が少ないと居心地の良さが超重要
・ワークショップとかやりたい
・お母さんの需要

とかまあ、いろんなことを考えていたのですが、一番強く思ったことがあって。


最初のつまずき


実は先日小さな会場でやったイベントで、ものすごーーーーーく反省したことがあったんですよね。。。。

そこにいた方には、そんなふうには絶対に見えてなかったと思うんだけど。イベント自体は凄く良かったんですけどね。好評だったし。でも私自身の中で物凄く反省した。

そのことはすぐ前向きにとらえていたんですけどね。でも数日間、なんでわたしはこんなにバカなんだろうとのたうち回っていました。

その時に、ああ、わたしは永久にこういう思いを、しつづけていくんだろうと思いました。

仕事がデキル人とそうでない人


会社にも身の回りにもいると思うんですけど、もしくはご自身がそうかもしれないけれど、どんな職場に行ってもどんな仕事をしても、ものすごくできる人っていますよね。勿論本人の努力もあるんだけど、ベースがもう、頭の回転が速くて反射神経がものすごく良い人。瞬時の判断力がすごく高い人。ものすごく機転が利く人。

わたしはこういう人と真逆の人間なんですね。どこに行っても仕事ができないし、覚えるのに時間がかかるし、会話をしては人を混乱させるし、できたと思っても何か抜けてるし。

そういう人間が、何かを一人でやりたいと言って、何かをやるということは、わざわざひろげなくてもいいような、自分の無知や恥や愚かさを、知らせなくてもよかった人にまで知らせるっていうことでもすごくあるのです。だから、新しいことをやるたびに、「ああそれ気付かなかったー」とか「わたしは本当にバカだなー」とかが噴出するんです。人にも思われる。

それは辛いし悲しいし情けないし、ただでさえ人よりいろいろ劣っている人間が、わざわざそんなことさらしに行かなくてもいいだろーって思うんだけど

でもわたしは、ひとつショックを受けて、自分の愚かさを受け止めて、確実に成長しているなーっていう気持ちはあって

こんな思いは、今までの生活の中ではなかなか無いなーと思いました。どんなセミナーを受けるよりも、どんな本を読むよりも確実に自分の心に突き刺さる真実!

そしてわたしは、そういった体験を蓄積してひとつずつ成長していっても、「完璧」には絶対になれないんだろうなってことも分かっているのだ。

永久に、今は考えつかないような自分の欠落を発見し続けていく人生な気がしているしたぶんそうなんだと思う。そういう人間なんだ。病名があるんならつけたい。

「仕事ができない」人間だけど、楽しく生きられるはずだ

だけど、そんな自分を必要以上に外に出さないようにひそやかに、ただひそやかに生きていくっていうことも全然考えられなくて

やっぱり気の合う人を探し続けたいし、いろんな人に出会っていろんな話をききたいし、場所をつくりたいしつくり続けたいし、もっと大きなことをしたいし、知らないことを知りたい。

だからいつか「あーなんてわたしはバカなんだろう」って想いに打ち砕かれないかぎり、新しいダメな私を発見して、新しい素敵なことに出会っていくんだろう。もうそれしかないと思っている。

全部がこの一ヶ月間、今までの仕事を辞めてイベントをやろうと思ってみて分かったこと。これは本当にやってみないとわからなかった。今までの仕事に対する不安はなくなったけど、自分がやりたいこと(新しい仕事)に対する新しい不安はたくさんあるということも。(当たり前だな!)

楽しかったり嬉しかったり悲しかったり情けなかったり不安だったりしてるけど、会社は辞めて本当によかったと思っている。それだけは予想通りだ!


心やすらぐ場所をつくりたい。

The Hayseeds(ヘイシーズ)

このあいだ、吉祥寺PLANET Kにて『The Hayseeds(ヘイシーズ)』のライブを観てきました!

ヘイシーズがどんなバンドかって?まずはこれを観てください。一度聴いたら耳から離れない、心地よいハイトーンボイス。

金山シンジ、高橋哲也、星川 崇からなるスリーピースロックバンド。
「ハナウタロック」!
唄えるロックンロールでライブを決行中。 2016年活動開始。
(HPより)

軸はロックンロール~ガレージロックにあると思うのですが、ヘイシーズは普段そのジャンルが好きな人はもちろん、あまりそのジャンル聴かないっていう人にもスっと入ってくる柔らかさがあります。

まずボーカル金山さんの、頭から響くちょっと鼻にかかった声が物凄~く心地よい。そして、全部キャッチーで踊りだしたくなる曲たちと、3ピースでいてすごくガッチリしたサウンド、3人のバランスが最高です。

私が何故このバンドを知ったかというと、なんと

ブログなんです!!!

ヘイシーズのドラムは、あの有名なブログ『俺、まちがってねぇよな?』の星川崇(ほしかわそう)さんなのです。

www.shellbys.com

『俺まちがってねぇよな?』といえば、バンド活動ノウハウを中心に、音楽活動をしている人にはもちろん、多くのクリエイターやブロガーにとって、ためになる情報満載の人気ブログです!!

ご自身もバンドをされながら、今まであまり教えてくれる人がいなかった、この時代において最良の、ネットを駆使したバンド活動を応援してくれる星川さんのブログ!

・・・これを書いている人が実際どんな音楽やってるのかな~~~って気になっちゃいますよね。

実際、バンドに関して前情報なくて試聴した曲が「おお、いいじゃん!」って思う確率って大分低いのですが、私がヘイシーズの曲をyoutubeで聴いた瞬間の感想!

なんだこれめちゃくちゃかっこいいー!!

そう、バンド自体は結成1年くらいだけれど、メンバー各々の音楽活動歴は長く、特にボーカルさんの声とセンスはどんな人が聴いてもわかりやすい抜群の心地良さ!

そしてライブは、youtubeで試聴した時の期待をずっと超えた、いつまでも聞いていたくなるような伸びやかさ。これはやっぱり生で観て欲しい!

・・・と思っていたところ、ちょうど良く!実は、そんなヘイシーズが出演する私のイベントがあるのです↓↓(まだ先だけど、みんな、休み希望とかね、仕事の調整とかね、ありますよね。約2か月ありますので、調整もばっちりでしょう!!)

ナカヤママリコpresents ココロサードプレイス#01
6月22日(木)
@下北沢ろくでもない夜

http://69demonai46.com/


出演

■The Hayseeds

http://the-hayseeds.com/
■石川浩司(パスカルズ/ex-たま)

http://ukyup.sr44.info/
■原田茶飯事

http://haradasahanji.main.jp/
■スガ ユウイチロウ(ex.Belle Musique Monstre)

開場18:30/開演 19:00(予定)
前売り2,500円/当日3,000円(共にドリンク代別)

f:id:sakelog:20170426231040p:plain
詳しくはイベントHP「これからのイベント」のページに記載しております。
ココロサードプレイス

私は2月に開催したイベントが終わってから、自分は何でイベントをやりたいのかということを改めて考えていました。そして、かつて自分が救われた、自分の心が開放できるような、家や職場とはまた違った第三の場所(サードプレイス)をつくりたいんだ!ということに改めて気づいてから、イベントの名前を何にしようかなーとずーーーーっと考えていたのですが、決めました!

好きな音楽を届けたい、だけじゃなく、だれかの心のやすらぎになれるような場所をつくりたいなと思いました。 

そして、6月22日は、全部のウタが、それぞれの方向に繰り広げる世界に虜になってしまうような夜を繰り広げようと思っております。是非この日は下北沢ろくでもない夜にお越し下さい。

他の出演者もまた、ここで紹介していきますヾ(*´∀`*)ノ

チケットお取り置きは、hikari82@hotmail.co.jpにメールをいただければと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。

福岡空港の楽しみ方と東京に帰るまで

空港のサイトを見てみよう

成田でも思ったのですが、空港の中で空港のサイトってあまり見ないですよね。航空会社のサイトは見るけれど。案内版を見ていればどうにかなるので、空港にいながらにして空港のサイトは見なかったのだけれど、考えてみたら一番まとまってるし、空港内のどこに何があるのか、フライト情報も、わざわざ掲示板まで行かなくても手元で見られるのです。

www.fuk-ab.co.jp

福岡空港は今改装中でして、二年前に来たときにあったラーメン&うどんストリートみたいなものがありませんでした。。。代わりに大きなフードコートができていました!!成田の第三ターミナルのような。

f:id:sakelog:20170426200449j:plain

ランチはうどんにしました。本当は有名店に行きたかったのだけれど、多分ここのも美味しいだろうと思い、ごぼう天にしました。

f:id:sakelog:20170426200719j:plain

スープがとても美味しかったです!!!やわらかいうどん。満足満足ー!

あとは、最後のお土産を買ったり、展望デッキで飛行機を眺めたりしていました。空港はただの経由地じゃなくって、余裕を持って着いて、ゆっくり過ごすのが好きです。(まあ、空いている時期だからですけれど。。。)

f:id:sakelog:20170426201107j:plain

めずらしいデザインのジェットを見たり。

f:id:sakelog:20170426201327j:plain

福岡空港でもこれだけの航空会社の飛行機を利用できるんですね。すごいなあ。

Peach Avitation

そして帰りはPeadhを利用しました。セールではなかったのですが、(帰りの予定を立てるのが遅くてセールを逃してしまいました。)それでも福岡~成田は7,770円でした。

f:id:sakelog:20170426201641j:plain

そして一番前の席が取れました。一番広い席なので、すぐに埋まってしまいます。

PeachとJET STARは、あまり違いは感じませんでしたが、椅子の座り心地だけはPeachの方がいいなと思いました。

f:id:sakelog:20170426202103j:plain

成田には18時半くらいに到着しました。帰りの安いシャトルバスが取れなかったので、電車で帰ることに。

成田→東京方面への帰宅

成田スカイアクセス特急で日暮里→新大久保(この日の宿泊地)まで1,400円で1時間20分くらいです。ちなみにリムジンバスだと東京駅まで2,800円。時間は同じくらいだと思います。これは迷わず電車にしました。電車も乗り換え一回ですし、まあ、まだ体力もあったので。GWだったら多分座れないと思いますが、この日は余裕で座れました!

もう少し余裕があったら、この日は疲労MAXなはずなので、せめてビジネスホテルを・・・と思ったのだけれど、金曜日だったのでモタモタしていたら手頃なホテルはおろか、ゲストハウスすら、なかなか取れず。最終的に全く知らない新大久保の某ゲストハウスに決めました。

新大久保のゲストハウス

新大久保はホテルもゲストハウスも物凄く多いので、検索していると絶対候補にひっかかってくるのですが、今まで一度も利用したことがありませんでした。


新大久保には物凄く久々に降りたのですが、コリアンタウンの物凄い盛り上がりにびっくりしました!!人出は、軽く渋谷や原宿のようでした。いろいろあったけど、日本人でも韓国の文化や、特に料理が好きな人は本当にたくさんいるんだよな~韓国ってやっぱり人気だなと安心しました。

そして某ゲストハウスに到着。着いてから、あ、日本人が経営してるんじゃないんだなーと分かりました。なので、微妙に文化のずれみたいなのがあって、まあそれも面白くっていいかなと思っていたんだけれど、ドミトリー(この日は女子ドミ)に入ったら、ベッドに仕切りのカーテンが無い!・・など、まあいろいろあったのですが、疲れていたのでよく眠れました。ここがこの一週間の中で一番高い宿泊先でした。4,000円。ああ、都心って立地だけでやっぱり高いんだよなあと思いました。

でも、ゲストハウスっていろんなところがあってやっぱり面白いのです。このゲストハウスも、『外国人が考える和風』ってこんな感じなんだっていう和風テイストになっていて面白かったです。

4/14(金)一日の行動と使ったお金

『花宿』出発→地下鉄中洲川端~天神~西鉄二日市~大宰府(40分:600円)→大宰府天満宮→コンビニ(水130円)→天開稲荷社→鶴乃子工場(できたて鶴乃子5個入り432円)→竈門神社→バスで大宰府駅へ(100円)→大宰府~西鉄二日市(7分150円)→西鉄二日市~二日市温泉(バスで10分くらい。150円?)→温泉(300円)→二日市温泉~(バス)→西鉄二日市~天神~福岡空港(50分くらい:750円)→最後のお土産購入(2,461円)→ランチ(ごぼう天うどん:530円)→飛行機で成田まで(ピーチ:7,700円)→成田空港(成田スカイアクセス特急)~日暮里~新大久保(1時間20分:1,400円)→薬局で薬など購入(802円)→ゲストハウス着(4,000円)

交通費:10,850円 宿泊費:4,000円 食費/薬など 1,894円 温泉・お賽銭・御籤など 600円 お土産 2,461円 合計:19,805円


2泊3日の旅、まとめ

成田→熊本泊→福岡泊→成田
交通費:19,740円 宿泊費:10580円 食費:10,494円 お土産:9751円(送料1,700円含む) 他:1,500円
合計:52,065円

・・・あ、思ったより全っ然安くない。。。もっと早く綿密に計画を立てれば交通費があと5,000円くらい節約できました!(帰りの便LCCセールをねらう・九州新幹線早割・成田からのシャトルバス)。お土産も、定番ものは高いんですよね。。。姫姉様おすすめ、帰ってからネットで買うもありかも(笑)と思いました。実際にネットでも売っている物を買っていました。大事なのは気持ちと話題性なので。(ちなみに自分には何も買ってません。そういえば。。。)

食費は、、、まあ、旅行に行く時くらいしか外で飲む機会が無いので、いいか。ここはいくらでも切り詰められるけれどそれもつまらないので、悪くはないかな、と思いました。

反省→やっぱり計画は早めに!
でもその他はなかなか、楽しくメリハリのある節約をできた気がします。観光スポットに全然お金がかかってない。その分土地のお土産を買って貢献!(のつもりです。)

次にやや遠目の旅行をするとしたら、大阪~京都になると思います。

今度は早めの計画で、更に楽しい旅をしてきたいですね。

竈門神社と大宰府天満宮

大宰府天満宮

この日の主な目的は、太宰府にある竈門(かまど)神社に行くこと!16:20の飛行機で成田に戻るので、早めに出発しました。

太宰府天満宮は、菅原道真公を祀っている神社で、福岡で最もメジャーな観光地だと思います。ですが、私のこの日のメインは、大宰府天満宮から徒歩40分のところにある竈門(かまど)神社なのです。

大宰府までの道のりは、地下鉄中洲川端駅→天神→西鉄二日市→大宰府と、45分くらいかかります。

朝8時頃出発したので、9時頃には大宰府に到着しました。物凄い混雑だと聞いていましたが、朝早いこともあって、思ったより空いていました!朝早いとやっぱりいいですね~。

f:id:sakelog:20170425193252j:plain

f:id:sakelog:20170425201004j:plain

f:id:sakelog:20170425201212j:plain

↑この左奥にあるのが竈門神社!ちょっとRPGの地図っぽい!と思いました。ここを目指します。その前に大宰府天満宮御本殿にお参りをしていきます。

f:id:sakelog:20170425201636j:plain

f:id:sakelog:20170425201253j:plain

f:id:sakelog:20170425201838j:plain

 

 

f:id:sakelog:20170425193435j:plain

写真下手~!!!

大宰府天満宮も境内の木々が芽吹き始めてとても美しいところでした。神聖な空気を感じました。

竈門神社へ向かう

巫女さんに竈門神社の方向を聞いて(歩いて行くんですか?!と言われたけど)、いざ出発!・・・歩き始めてから、歩くのにはいらない荷物を駅に預ければよかったなあと思いました。軽装なので、通常はこのまま移動していても平気なのですが、40分も歩くとなれば預けても良かったなあと、やや後悔しました。けれど、ここから駅に戻ると20分くらいロスするので、まあいいかーと思い、すべての荷物を背負って山の方へ。

大宰府天満宮に比べたらマイナーとはいえ、そこまで小さい神社ではないと思うのだけれど、とりあえず歩いている人は誰もいませんでした。

f:id:sakelog:20170425203250j:plain

ちなみにバスに乗れば10分もかかりません。だんだん暑くなってきて、荷物は重いし、歩く意味あったかなあと思い始めました。。。この一週間の旅で、一度だけ東京で使った以来出番のなかった晴雨兼用傘がここで良い仕事しました。

10分くらい歩くと山の方に鳥居が見えてきました。うむ、竈門神社はまだまだなのだが?(またRPGぽいなと思いました!)

天開稲荷社

ここは天開稲荷社でした。せっかくなのでここもお参りしようと思いました。

f:id:sakelog:20170425203334j:plain

f:id:sakelog:20170425204042j:plain

ちょっと登ります。

f:id:sakelog:20170425204114j:plain

f:id:sakelog:20170425204154j:plain

f:id:sakelog:20170425204248j:plain

f:id:sakelog:20170425204500j:plain

f:id:sakelog:20170425204534j:plain

ここがまた、すごく空気の良いところでした。小さいけれど大事にされている神社だなあと思いました。

再び歩いていた道路に戻って竈門神社を目指します。

そう、竈門神社は豊満山という山のふもとにあるので、山を目指してゆるい坂道を登っていくような道なのです。

3/4くらい来たかな~というところで、何やら工場らしきものを発見!

f:id:sakelog:20170425205212j:plain

鶴乃子じゃないですかー!!!

鶴乃子太宰府工場

鶴乃子といえば、『博多通りもん』と並ぶ福岡の銘菓!!!もしかして、工場見学とかできる???

ちょっと道から外れるけれど、ここに降りてみることにしました。

f:id:sakelog:20170425205655j:plain

はい!ファクトリーショップがあったのです。そして鶴乃子の製造工程も(大きなひとつの部屋でした)自由に見ることができました。(撮影禁止でした。)

ここでしか買えない、できたて鶴乃子を購入。個包装されていないので賞味期限が短いけど、できたてやわらかで美味しいとのこと!!

f:id:sakelog:20170425205950j:plain

マシュマロの中に黄身あんの入ったやさしい味のお菓子です!

あーやっぱり歩いてよかったぞ。色んな発見があった!!そしてゴールはもうすぐ。

竈門神社

f:id:sakelog:20170425210241j:plain

着いたー!!!!

なんだかすごく良い雰囲気でした。思っていたよりずっと大きい!けど派手さはなくて、丁寧に丁寧につくられた境内の木々の雰囲気が、心を穏やかにしてくれます。葉桜と新緑が芽吹き始めたこの瞬間に晴天の空がとても映えて、そこから遠く下に見える博多の町とのコントラストが泣きそうなくらいうつくしい風景でした。(写真じゃ全然伝わらないけれど。)

ここに来るためにこの日があったような気がしました。ああ、歩いてよかったなあ。。。

竈門神社はえんむすびの神様、玉依姫命(たまよりひめのみこと)が祀られています。

縁結び=恋愛、というイメージが強いですが、そういった縁に限らず、友人や仕事や師など、様々な良いめぐりあわせの意味があるのです。

そう!今の私にピッタリなのだ!!

これからの良縁成就をお願いしてきました。

f:id:sakelog:20170425212230j:plain

f:id:sakelog:20170425212446j:plain

f:id:sakelog:20170425212530j:plain

f:id:sakelog:20170425212616j:plain

f:id:sakelog:20170425212651j:plain

f:id:sakelog:20170425212739j:plain

f:id:sakelog:20170425212841j:plain

f:id:sakelog:20170425212952j:plain

ゆっくり境内の空気を堪能して、帰りはバスで。あっさり西鉄大宰府駅まで戻りました。そこから次の電車まで参道にあるお店をぶらぶらして、二日市駅へ。温泉に行こうと思ったのですが、実は駅から結構歩くようで、バスで温泉街へ移動することに。

二日市温泉

f:id:sakelog:20170425213703j:plain

f:id:sakelog:20170425213744j:plain

二日市温泉はこんな雰囲気のところです。

地元の銭湯的役割な感じの温泉は300円。でもすごく綺麗でアメニティもあって雰囲気も凝っていました!(写真撮れなくて残念。)ちょっと硫黄の匂いがあって、あ、普段入ってる温泉とは違うなーと思いました。すごく良い湯だったのですが、次の次のバスが一時間後・・・だと空港でちょっと忙しいかな、どうしようかなー、タクシーに乗ろうかなーとかいろいろ考えていたのですが、ちょっと早めに上がったら、乗れないと思っていたバスに乗れそう!あわてて温泉をあとに。ちょうど良い時間のバスに乗れました!

駆け足だったけど、良い運動もして最高の景色を観て、温泉で疲れを癒して、空港でのんびりできそう。九州の旅ももうすぐ終わりです。

福岡花宿(中洲のゲストハウス)

中洲のゲストハウス

福岡も2年振り!2年前は大雨で散々だったのでした。今回の旅行は本当に天気に恵まれて最高でした。地下鉄で中洲川端駅を目指します。

この日はここに泊まりました。ゲストハウス『福岡花宿』

http://fukuoka.hanahostel.com/index_j.html

ゲストハウスって、交流型と非交流型があるなあと思うのですが、ここは中間かなあと思いました。東京でいうと、ZABUTTONとかIMANO TOKYOに雰囲気が似ているかなあと思いました。

f:id:sakelog:20170424231721j:plain

f:id:sakelog:20170424231746j:plain

商店街の中にあって便利!時間があれば、商店街もゆっくり見たかったです。どこの服屋もやたら安かったのが印象的でした。

商店街の出口付近で、ぱっと見ただけでゲストハウスを3軒発見!この辺にはものすごくゲストハウスが多いんじゃないかなー。外国の方も本当に多いですしね。博多はものすごく都会なんだけど、韓国も近いので、東京とはまた違った空気を感じます。

エントランスはこんな感じ。
f:id:sakelog:20170424231631j:plain

f:id:sakelog:20170424232132j:plain

f:id:sakelog:20170424232156j:plain

f:id:sakelog:20170424232233j:plain

f:id:sakelog:20170424232315j:plain

部屋はこんな感じです。この日夜パーティーがあって、受付でお誘いいただいたのですが、先約があったので断念。そういうイベントの日に泊まれるとよいですね!!

f:id:sakelog:20170424232417j:plain

実は混合ドミです。混合ドミしか空いてなかったので。以前一度泊まったので、なんか大丈夫かなーと思って。そしてやっぱり半分は女性で、みんな旅慣れていて静かで夜寝るときは非常に快適でした!!

私はチェックインして、シャワーを浴びて、お友達と待ち合わせ!安くて何でも美味しいお店でいろいろ食べました。そう、福岡特に博多はどんなお店に入っても失敗が無いそう。食のクオリティーがものすごく高いなあと思いました。あまり観光地が無い代わりに、ゴハンは間違いない!とのこと。

近くのロックバー『Back to Back』

そして、博多は中洲にて最大の目的!Back to Backという、中洲でたぶん唯一のロックバーに行きました。中洲の夜お店はキャバクラが多いと思います。雰囲気的には歌舞伎町みたいな感じです。

そう、新宿歌舞伎町・札幌すすきのと並んで福岡は中洲の3つが、日本三大歓楽街と言われています。

2年前、雨で散々だった福岡の一日を全て帳消しにしてくれたこのお店!絶対また行こうと思ってからもう2年も経ってしまいました。。。

backtoback123.blog.fc2.com

ここのマスターである“時さん”は、私が東京に住んでいた頃、高円寺のとあるバーでよく会うお方でした。ママがライターである高円寺のこの店は、面白いクリエイターの方々がたくさん集まるお店だったのですが、当時時さんは、週刊○潮の記者だったのです。

当時から、取材の話、社会問題の裏話など、本当に興味深い話をいろいろ聞かせていただいたのですが、時さんは20年記者を勤めたあと、実家のある福岡に帰ってロックバーを始めたのです。

そんな店、面白くないわけがない!!!!

元記者でいて、映画も音楽もものすごく詳しい時さんのロックバーにて、結構真剣に社会問題の話や生き方の話をして、あー私が話したいことはこれなんだよーっていう想いが溢れ出るような、本当に楽しい時間を過ごしました。

f:id:sakelog:20170424234713j:plain

f:id:sakelog:20170424234740j:plain

途中、新聞記者のお客さんがやってきて、またいろいろ話が広がりました。そうそう、このこぢんまりした静かなバーで出会う人との何気ない会話が、私はやっぱり好きなんだなーと思いました。

勿論、マスヤバーも好きなんですけどね。また違った雰囲気!田舎にはあまり無いんだよなあ、、、こういうところ。

f:id:sakelog:20170425200529j:plain

f:id:sakelog:20170425200602j:plain
次の日はいちおう、大宰府に行くことは決めていたのです。太宰府天満宮は有名だけど、そこから徒歩40分のところにある竈門(かまど)神社が最高だという事前情報を得て、とりあえずそこに行ってみようと思っていたのですが、Back to Backで話をしていて、わりと近くの温泉街「二日市温泉」もいいよ、との情報を得たので、時間があればそこにも行こうと思いました。

Back to Backはやっぱりいいお店だなー。近くにあったら通いたいのに。。。また行こう。絶対行く。熊本も行くし、あと佐賀にも友達がいて会ってないし、もう九州ゆっくり時間をかけて一周したいな。一年以内にまた行こう!!

4/13(木)一日の行動と使ったお金

『阿蘇び心』を出発→徒歩で、市電田崎橋駅~桜の馬場城彩苑(17分170円)→甘酒購入(250円)→お城周辺散策(無料)→サントリー熊本工場(シャトルバス40分:無料)→サントリー工場見学(無料)・お土産購入(972円)→桜の馬場城彩苑→お土産購入(3,618円)→お土産とコートをヤマト便で発送(1,700円)→友達とランチ(太平燕850円)→ソフトクリーム(200円)→桜の馬場城彩苑~熊本駅(バス:150円)→熊本駅~博多駅(新幹線早割:3,000円)→博多~中洲川端(地下鉄:200円)→ゲストハウス花宿(2,800円)→友達と飲み(ご馳走していただきました。)→Back to Backで飲み(3,500円)

交通費:3,520円 宿泊費:2,800円 食費:4,800円 お土産(送料含む) 6,290円
合計17,410円

お土産は、家族とバイト先と楽団へと友達数人へ。私はいつでも荷物をMAX2つにしたいので、遠出をするときは必ず途中で増えた荷物を送ります。すごく安くはないが、あの荷物を持って旅をするのはかなり難しいので、ここは送ることにしました。コートも邪魔で邪魔で邪魔になってしまっていたので。

九州新幹線をお得に!

博多へ新幹線でお得に行く

f:id:sakelog:20170423232918j:plain

f:id:sakelog:20170423233010j:plain

バイバイ熊本!!九州新幹線に乗りま~す。

そう、この度の計画を立てているとき、熊本~博多間を、在来線にするか高速バスにするか新幹線(ブルジョワ!!)にするかで悩みました。

■在来線:2時間18分¥2,130
■高速バス:2時間¥2,160
■新幹線:49分¥5,130

博多でまた人と会うんだけど、その前にゲストハウスにチェックインしておきたい。なので、できれば早く着きたい、、、が、新幹線の料金は他の交通手段の倍以上、、、

だが、検索していたらこんなサイトが!

www.jrkyushu.co.jp

なんと、九州新幹線を3日前に予約すればお得、7日前だと更にお得というサイトが!!(ネット限定です。)

時既に、、、4日前!!!あーもっと早く予約すればもっとお得だったんだけれど、それでも、熊本⇒博多が、5,130円のところ3,000円になる!!(しかも指定席)

これはもう新幹線しかないでしょう!というわけで、お得に早く快適に新幹線を利用することにしました。

f:id:sakelog:20170423235048j:plain

広ー!電源もあるよヾ(*´∀`*)ノ

f:id:sakelog:20170423235246j:plain

駅で買った、熊本郷土和菓子「いきなり団子」です。中にさつまいもとこし餡が入ってます。すぐ到着してしまうので、うっかり寝ないよう注意。

f:id:sakelog:20170423235715j:plain

50分足らずでHAKATA STATION!地下鉄でゲストハウスのある中洲川端へ向かいます。