ココロサードプレイス

山梨と東京のおすすめスポットと私のイベントのこと。

私の、ミニマリズムとプライドの戦い

最近たくさんのブロガーの方にお会いする機会があって、その後短期間の間に、時間の許す限り、皆さんのブログの過去記事を読んでみたりした。

下諏訪大好き、いつもみんなをまとめてくれるA1さん(えーわんさん)をはじめ、私がよく下諏訪などで会っているブロガーさんたちは、元々ミニマリスト繋がりである。

(このブログを読んでくれている私の友達などでも、「ミニマリストって何?」という人は結構多くいるので・・・・ミニマリストとは、例えばこんな方。http://sibu2.com/minimalist-no-motimono )

私が皆さんに会うきっかけになったのは、去年夏、簡単に言うと、マスヤゲストハウスに泊まりたくて、マスヤのことを検索していたらA1さんのブログにたどり着いたからである。(たしか。。。)

私はミニマリストではない(憧れていたけど)のだが、その1年前に佐々木さんの『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』(ぼくモノ)を読んでから、そういう概念があることを知り、それにひどく感銘を受け、自分の中では結構大量にモノを捨ててきたのだけれど、ミニマリストには遠く及ばなかった。(ミニマリストってそういうことじゃないっていうのは置いといて。)

そして1年後、偶然出会ったのは、私が憧れるミニマリストのコミュニティだったのだ。

みんな、とても優しくて面白い。旅行が好きで、ゲストハウスが好きで、交流が好きで、発信するのが好きで、一般的な概念にとらわれずに自分の意思を大事にしている、そういう人が多いと思う。

自分もみんなと、そういうマインドが近いと思うので、とても居心地がよくて、ああ!私が求めていたのはこういう場所なんだ!ということをよく思っていた。

けど、私は未だに多くのモノを抱えて生きている。

服はキングスファミリーに何度か足を運んで30kgは処分している。(レシートにkg単位の値段が出るのでわかる。)

本も何百冊も処分しているし、「掃除したい!」と思う度に、結構大量のゴミを捨てているのに全然部屋が広くならなくて(最初の頃に比べたら多少広くなっているはずなんだけれど)、もうこれは何かの呪いなんじゃないかと思っていた。

でも、冒頭に書いたように、いろんな人のブログの過去記事を読んでいて分かった。

私が捨てられないのは、呪いのように粘着質なプライドなんだなあと思った。(よくプライドの話をしていてしつこいなあとほんとうに思うけど。)

よく星川さんに、「中山さんて考えすぎですよねー」と言われるのだけれど、これは本当にどうしようもない病だと自分の中で片付けている。

私が30代になって身につけたのは、このどうしようもない病から発生する悪影響(他人を不愉快にさせること)をなるべく減らすすべであり、根本的解決には至っていない。

考えすぎるのは全部、「こう思われていたらどうしよう⇒思われたくない」というプライドで、私が捨てられないモノも、全部プライドにまつわるものなのだ。

ほんとうは、分からない音楽は分からないし、完全なる無知を認めるけど、自分が好きなものを追求して好きなものを広めることに全力投球しているから別にいいんだ!と言いたい。(間違っている気もするけど、間違っていてもいいじゃんって言いたい。)

最後まで読まないのに残っている本はお酒関係で、もう自分は、飲むのは好きだけど、深いことはわからないと言えばいいし(というか、聞かれる機会とかもう無いし)、なんだか集めてしまったお酒もただ劣化していくだけだし。

今、モノを捨てる時ほど、自分と深く向き合う瞬間って無いような気がしている。

けっこう、つらい。

でも「そんなに負荷をかけてやることじゃない」っていうのも違うと思っていて、これは向き合わなきゃいけない自分なんだなあと思っている。(特に目標もなく生きていたいと思っているならこのままでいいのだけど。)

だからほんとうにモノが無い人って、ほんとうにすごいんだなって思っている。

けっこうマインドが近いつもりでいたけれど、全然違うんだなあと思った。みんな、もっとずっと思考がシンプルなんだろうなあと思った。私はどうでもよい思考をたくさん経由して、果てしなく無駄なエネルギーを消費しながら生きているんだなあと思った。

本気で自分を変えていきたい。

全然暗い話じゃなくて、私はとても元気だし、まあまあ楽しく生きてます。フリーター最高!でもこのままでいいとは全然思ってないし、ちょっと成長したなと思って、全然そんなことないわっていうことを何度も繰り返していくんだな。仕方ないなあと思っている。

f:id:sakelog:20170819013145j:plain

雨の諏訪湖花火大会

8/15は諏訪湖の花火大会でした。おなじみブログ仲間の皆さん数名が、マスヤゲストハウスの予約を勝ち取り、花火を見に来ることになっていました。

私は混む場所が苦手だし、車で出かけては絶対に大変なことになるしなあ・・・と思っていたのですが、電車で行ってみることにしました!

リニューアルした小淵沢駅

そう、去る7/3に、小淵沢駅はリニューアルしていたのです。この日は雨だったのですが、以前晴れていた日に行った画像を貼ります。

f:id:sakelog:20170817222549j:plain

これは旧駅舎。今は立ち入ることはできません!

f:id:sakelog:20170817222726j:plain

新駅舎は、旧駅舎の入口から50mくらい進んだところにあります。

f:id:sakelog:20170817222836j:plain

お土産屋さんもリニューアル

f:id:sakelog:20170817222910j:plain

立ち食いそばは健在です。奥の休憩所に持ち込んで食べても可。

f:id:sakelog:20170817223245j:plain

8/15に食べたかけそば290円。美味しいですよ!

f:id:sakelog:20170817223025j:plain

屋上にはソーラーパネル。

JR東日本では新しい小淵沢駅を「エコステ」のモデル駅として整備する。 「エコステ」とは、省エネルギーや再生可能エネルギーといった環境保全技術を駅に導入する取組みのことで、駅舎やホームのすべての照明をLED化、太陽光発電や太陽光給湯、太陽熱暖房を導入する。太陽光発電の発電量や電力使用量などは待合室の「エコ表示モニター」で確認することができる。

のだそう。

木の香りがとても心地よい素敵な駅に生まれ変わっておりました!!

下諏訪駅に向かう

元々曇り~雨のような予報。小淵沢は完全に雨でした。twitterで様子を見ていると、下諏訪は一旦雨がやんだりしているよう。あわ~い期待を抱きながら電車に乗りました。

花火は上諏訪で上げているのですが、まあとにかく凄い人なので、ちょっと遠いけど落ち着いて見るには下諏訪がおすすめだそう。既にブログ仲間の方々が場所をとって下さっていたのです。

花火は19時から始まっていて、私が下諏訪の湖畔に到着するのは19時半頃。上諏訪の駅を通過した時は既に花火は始まっていて、電車の中から見えたのですが、物凄い迫力でした!!電車からでもこんなに綺麗なのか!!そして音が半端ないです。轟音です。

もうすぐ見られる~と思いながら下諏訪駅に降りました。雨、まあまあ降ってるな・・・。

下諏訪にて

とりあえずレインコートを取り出してリュックの上から着て、傘をさして湖畔に向かうと・・・あれ?なんか結構人がこっちに向かってやってくる?もしかして、もう帰る人たち?と思いながら進んでいくと、A1さんからメッセージ。「見えないから帰ろうと思ってるんだけど・・・」ということで、わたしもきっぱり諦めて先にマスヤに向かうことにしました。

マスヤに着いたら、お客さん誰もいなーい!!こんな風景もなかなかないぞ、とあさちゃんとキャッキャしてました。

f:id:sakelog:20170817224406j:plain

f:id:sakelog:20170817224452j:plain

お先にいただきました。

f:id:sakelog:20170817224540j:plain

その後みんなも帰ってきて、宴会スタートしました!!

f:id:sakelog:20170817224644j:plain

あさちゃんが買ってきてくれた花火をやったり

f:id:sakelog:20170817224809j:plain

スイカを食べたり、ブロガーゲストハウス談義をしたり。

初めましてのハチさん・リースさんにもお会いできて嬉しかったです。そして、ちえりさんの肌はパールのように輝いていました。さすが!

おなじみA1さんとひらやまさんとふじっぺさんと、そして、雨の中だんだん帰ってきた他のゲストさんも一緒に楽しいひとときを過ごしました。

f:id:sakelog:20170817232801j:plain

ちえりさんの提案で、ミニマリストの財布を並べてみる!笑

もっと話したいことがいろいろあったのだけれど、また次回にとっておきたいと思います。

来年は私も頑張って宿をとって花火を観て泊まりたいなあと思いました!!

帰路にて

というのもですね、もう電車で飲みに行くのは絶対やめようと思ったんですよね。。。

私は山梨にいるときはあまり外へ飲みに行くことはないんですよね。基本車移動なので。前もってドライバーを決めて日と店を決めて、飲んだ人の帰りの足はどうするかとか考えるのが結構面倒なので、別に私は飲まなくていいやーってなるんですよね。

でもたまーに電車で飲みに行ったりすると、終電が絶対遅れるんですよね。この日も花火大会の関係とかもあるんだろうけど20分遅れで、(でも、前なんでもない日も普通に20分くらい遅れていた。)駅から歩いて帰れるなら全然良いのですが、迎えを頼まなくちゃいけないので気を遣うんですよね。。。飲まなくても絶対車がいいなと思いました。それか泊まる!(通常、終電付近は1時間に1本くらいしか電車がありません。。。絶対逃せないし、どんだけ遅れてもひたすら待つしかない。)

なので、もう、飲む時は泊まる。もしくは飲まないで車。

服装&持ち物

私花火は鑑賞できず、雨の中を彷徨っていたのですが、自分の装備完璧だったなあと思いました。

折り畳み傘と大きめレインコートと防水のウインドブレーカーを持っていったのですが、リュックのカバーを持ってなくても、上からレインコートを着れば雨にも濡れない!そして、雨で気温が下がって帰りの駅ホームではみんなすごく寒そうだったのですが、ウインドブレーカーがあってよかったです。あと、足元も防水のトレッキングシューズにしてよかった!(湖畔までちょっと歩くので、レインブーツだと疲れるなあと思って。)とりあえず全く濡れることなく快適に過ごせました。

まあでも、晴れたら良いですよね、来年は。。。

今回も、お世話になった皆様ありがとうございました!!

人にはそれぞれの役割がある

最近「若いのにすごいな!」って人に出会う機会が多くあって、でもよく考えてみたら、最近よく一緒にいる人たちって殆ど歳下。ネットで存在を知ってフォローしたり記事を購読したりしてる人も歳下が多い。

そういう人たちに出会って、目標が無い頃の自分だったら、小学生の頃までさかのぼって過去の自分を呪っていただろうなあと思うけれど、今は素直に尊敬する。自分も真似したい!と思うし、落ち込んでいるときにすごく元気をもらう。ちょっとだけ、うらやましいなあと思ったりもするけれど。

「あの時こうしていれば・・・・」ということは、今まで何百回も思ってきたけれど、今は、過去のだいぶ残念な自分があってよかったなと思っている。

人にはそれぞれの役割があると思っている。

自分が尊敬する、スマートで、革新的で、最先端を行くスターは、広くたくさんの人を救うだろうし、たくさんの人に大きな影響を与えているはずだ。

でも。振り返ったらぶん殴りたくなるような過去の甘えた自分や、そんな自分が繰り返してきたあらゆる失敗など、総括すると究極にダサくて残念だった自分がやることだからこそ、響くだれかが、たぶんいるんじゃないかと思っている。

抜群に頭の良い人たちは、広く深く大きく人に影響を与えるだろうけれど、自分みたいな人間が言うことが、ごく狭くてもどこかの誰かに届いてくれるんじゃないかと思っている。そしてそれはすべての人に言えることなんじゃないかと思っている。

100人の人間がいたら、100通りの生き方と100通りの人間性があって、もしそれを各々が継続的に発信していたら、どこかの誰かに届くはずだと思っている。

発信というのは、別にブログとかSNSとかだけじゃなくて、ただ身近な人と話すとか、そうやって人間関係を築くとか、そういう中でも、その人がその人だからこそ果たせる役割があると思う。

こういった考え方に説得力が伴うような人間になって、それからも思っていることを言い続けたいというのも、自分の目標のひとつである。

こんなことを言いながら、自分は成長したなあと思いながら、やっぱりダメだなあと後退することもしばしばある。3歩進んで2歩下がりながら何年も生きているなあと思っている。

自分を飾る必要は無いと思いながら「この人に良く思われたい!」という気持ちが自然に湧き上がってくることに、よくがっかりしている。つい最近も思ったことである。

そして

夜、静かな時間につきつめて考えると、結局すべきことは「今自分がやりたいこと(目標)をやる」それだけなのである。

今自分がやりたいことをやろうとする過程で、順番に(順番に!が重要)人の信頼を得られて、やりたいことが少しずつ実現していくんだろうと思う。今つい「良く思われたい」と思ってしまうその人にも、認めてもらえるかもしれないし、そうでなければそれは、どうしようもないし、どうしなくてもいいことなのだ。

「この人に良く思われたい!」というのは結果として現れることで、目的として考えるのが間違いである。

その他の「〇〇が欲しい!」とかも全部そう。やりたいことが実現できたら、たぶん手に入っているんだと思う。

だから、何も迷わず、今はやりたいことをやればいいのだ。非常にシンプルだ。これから悩むのは、やりたいことの中だけのことにしよう。

そうやって生きていく自分が、果たす役割があると思っている。

f:id:sakelog:20170817054342j:plain

信用してもらうために、もういちど最初から。

ここ1ヶ月以上の間、実は結構悩みながら日々過ごしていた。そんな中で、「上半期終わったから!」とか、「吹奏楽(趣味です)の大きな舞台があったから!」とか、「PMSだったから!」とか、いつものリズムに乗り切れない理由を、順を追って用意してみたのだけど、やっぱりどうしても「次絶対やりたいイベント」が湧いてこなくて、このままだったらどうしようと思っていた。

自分はイベントをやりたくて3月に5年半働いた会社を辞めて、とは言ってもそれだけでは生活できないのでバイトをしながらイベントをしていた。

今年開催したイベントは大小含め、2月・4月・5月・6月の4回。半分赤字。半分黒字。トータル赤字。

そもそも、これだけで生活することは目指していないのだけれど、今の私のやり方では趣味としてすら続けられない。物理的には不可能ではないけれど、続ける意味は浅い。理想はたくさんあって、自分が聴きたい・だれかに聴いて欲しい音楽はたくさんあって、こんな場所にしたいという想いはあるのだけれど、このままじゃだめだということだけは分かっていて、どうしたらいいのかをずっと考えていた。

そんな折、おなじみのコミュニティの仲間に会えて、たくさん気づいたことがあった。そして自分の考えを整理しているときにこの記事を読んで、やっと自分の気持ちの着地点が見つかった。今、マスヤでヘルパーをしているふじっぺさんの記事。

事業計画とか、需要とか、外からの視点 から入った冒険は、面白くない。

自分が心の底から欲しいと思うものを形にしようとする冒険をしたい。


ずっと自分が想っていて否定されてどうすればいいのかを考えて、「やらなくちゃいけないんだよなあ」という気持ちで考えている、需要と供給と予算と計画と方法と・・・そういったことと、ただ単純にやりたいことがぶつかって、「ああやっぱり私はダメなんだなあ」と思っている自分は、10年前と全く同じで、呆然と立ち尽くしていたところだったんだけれど

やっぱり思った。やりたいことをやりたい方法でやる!やりたくないことはやらない!

東京でイベントをやりながら、めちゃくちゃ失敗してきたけど、そして会社員としていちおう安定収入がある生活も5年くらいしていて、うっかり社会のしくみが分かったような気になっていたけど、うっかりしすぎていた。今もいちばん大事にすべき原点は最初の最初でよかったんだなあと思った。

いつも音楽イベントをやるには、という方向から考えていたから難しくなってしまうんだけど、もういちど根本からまとめてみよう。自分がやりたいことは

①いろんな人が、自宅でも職場でもない第三の安らげる場所をつくりたい
②それは移動式(今は場所を借りるしかないし、何年後とかじゃなく、すぐにやりたい。いろいろな場所でやりたいし、拠点を構えることのメリットデメリットをもう少し考えたい。)
③音楽が好きだから音楽を切り口にしたい。(人の心に迫る、深い安らぎや楽しさを与えてくれる音楽を、知っている人にも知らない人にも伝えたいという想いがあるから。)
④音楽の他にも、自分が心を動かされたものや人を一緒に伝えたい・共有したい
(⑤いずれは拠点を構えたいかも。考え中。)

これを既存の音楽イベントのノウハウでやっていくというのはやっぱりちょっと違うなあと思っていて、だけど実際今経営的に行き詰まっているわけである。

黒字にするためのやりたくないことを、どうやってやりたいことに持っていくかっていうことを考えて1ヶ月以上全然わからなかったのだけど、やっぱりやりたくない!と言うなら別の方法を考えなきゃいけないわけで、

そして下諏訪でA1さんを見てい気がついたんだけれど、自分に足りなくて今最も必要なのは「信用」だなあと思った。

これは西野亮廣さんも言っていたんだけど、何かをするのに必要なのは、お金じゃなくて信用なんだよね。信用さえあれば、お金は集まってくる。

私は、自分のイベントがいかに楽しいかとか、いかにこの音楽が素晴らしいのかということをずっと説明していたのだけれど、ほんとうは、説明なんかなくても私が主催するなら間違いないだろうと思ってもらうことを目指さなきゃいけないのだ。

そんなことは分かっているのだけれど、私はそれをイベントの回を重ねるごとに培っていこうと思っていた。そして今、そのやり方は違うんじゃないかなあと思っている。

もっと手前のところで、日々の、日常の、自分の周りの、友達の、その友達の、地域の、好きな音楽のその人たちの、その周りの、そういった場所で、少しずつ積み重ねていくものだったなあと思った。

A1さんが下諏訪にはまって、東京から下諏訪に通い続けて発信し続けて、それを見て下諏訪にたくさんの人がやってきて、その人たちがまた下諏訪を広めていくサイクル。A1さんは単純に発信するだけじゃなくて、その中で生まれる人と人の繋がりを、より広く長らく続くよう潤滑剤になってくれるそのマメさや優しさが相乗効果を生んでいて、周りがどんどんハッピーになっていく、こういう姿勢を、自分も自分の場所で真似したいなあと思った。

もちろんA1さんが、下諏訪も自分のそういうスタンスも、ただただ単純に自分が好きだからっていうところから来ているのはすごくわかるのだけれ、私も好きなものやことがあって、その伝え方を、もっと「イベント」より手前の形で伝えることから、もういちどやっていきたいと思った。

イベントはまた絶対やるけれど、しばらく、チケットを売る前の自分を信用してもらうために、すべきことを考えてどんどんやっていこう。今、やることを考える!

2ヶ月ちかく抱えていたもやもやが、この数日でしずかに晴れた。もういちど、やり直そう。できる。

f:id:sakelog:20170813002716j:plain

A1さんと行く下諏訪まんきつツアー②

前日の飲み会(と言っても一人しか飲んでないけどw)終了後、私は一旦帰宅。(下諏訪駅周辺から中山家までは車で約1時間くらいです。)

翌朝は、家事をしてブログを更新してから再び下諏訪へ向けて出発しました!

サロン「しもすわ」でランチ

こちらはランチのみ営業のお店。毎日1メニュー、その作り手は町のおばあちゃん。なんと90代の方も。店主のたるかわさんと娘さん、そして町のおばあちゃんが働くサロン「しもすわ」は、本当に美味しくて安くて気取らない地元のお家ごはん。

f:id:sakelog:20170810235913j:plain

私が到着して、2階の座敷は9人。他の皆は午前中エリックキッチン⇒フレール洋菓子店⇒春宮を見学してきたそう。夏休み、田舎のおばあちゃんちに親戚集合したみたいになっていて、だいぶ長居しました。

そして、ミキコさんに再会!旦那様には初めてお会いしました。お二人、なんか似てる~って思いました。素敵な旦那様です!!お似合いヽ(*´з`*)ノ

ここにいる人たち(マスヤのゲスト)半分はA1さんも、ほぼ初対面!だけどみんなをガイド。マスヤからの信頼も厚いなあと思いました。あ、サロンしもすわからの信頼も厚い。

そして、外は台風一過で炎天下ですが、だいぶのんびりしたので秋宮を目指します。

f:id:sakelog:20170811001322j:plain

オルゴール記念館

f:id:sakelog:20170811002938j:plain

諏訪は精密機器の町。オルゴールや時計の製造も盛んです。こちらは見学にはお金がかかりますが、入ってすぐのお店は出入り自由です。

f:id:sakelog:20170811004011j:plain

何かと思いきや、オルゴールがジャンル別に並んでいます。好きな音楽×好きな形態でオルゴールを作ることができます。

f:id:sakelog:20170811004154j:plain

すごくセンスの良いお店でした。カフェもありました!

f:id:sakelog:20170811004259j:plain

1時間に1本、上諏訪まで行く無料シャトルバスもあり!

f:id:sakelog:20170811004944j:plain

諏訪大社下社 秋宮

f:id:sakelog:20170811005124j:plain

秋宮手前のこの木、みんな素通りしちゃうけど後ろに回ると!

f:id:sakelog:20170811131503j:plain

すごー!人入れる大きさ。

f:id:sakelog:20170811131634j:plain

ここからの景色大好きです。

f:id:sakelog:20170811131733j:plain

神楽殿。日本一大きい青銅製の狛犬。

f:id:sakelog:20170811131830j:plain

御柱は4本あって、結界を張っている説もあり。

f:id:sakelog:20170811131936j:plain

幣拝殿

・・・さらさらと写真を貼っていますが、すべてA1さんの詳しいガイド付きです。もう、プロです。

いいなり地蔵

f:id:sakelog:20170811132311j:plain

f:id:sakelog:20170811132503j:plain

コアなスポット!何でも願いを叶えてくれるお地蔵様。絵馬が用意してあります。結構よこしまなことが書いてありました。笑

f:id:sakelog:20170811132544j:plain

いいなり地蔵から徒歩3分くらい。塩羊羹で有名な新鶴本店はお休み!残念。

甲州道中・中山道合流の地

f:id:sakelog:20170811235954j:plain

f:id:sakelog:20170812000236j:plain

女神様がお湯を浸した綿をここに置いたら温泉が沸いたという言い伝えがあります。

歴史民俗資料館

f:id:sakelog:20170811132622j:plain

江戸時代の下諏訪宿に関する資料館です。明治7年にこの一帯が大火に見舞われた後に建てられたものだけれど、江戸時代の商家の特徴が残されています。1階は無料休憩所にもなっています!!

f:id:sakelog:20170811132658j:plain

1階部分は受付の方がいろいろ案内して下さいました。

f:id:sakelog:20170811132733j:plain

2階には「赤報隊」に関する資料なども。A1さんがガイドをしていたら、離れていた別のグループの人が、「さっき下にいた人が喋ってるのかと思った!」とびっくりしてました。笑

ジェラテリア六花

資料館の隣のお店で休憩!いろんなジェラートがあります。勿論他のスイーツやお食事もできます。

f:id:sakelog:20170811132803j:plain

これは塩羊羹!美味しかったです~(゚д゚)他にも味噌や八ヶ岳のミルクなど。

マスヤへ

ちょっとはしょりますが、このあと、サンドニさんと合流。一路マスヤへ!

この日は台風一過でかなり暑かったです。そんな中でも頑張って歩きました~。そしてマスヤの中も暑かった~。涼しくなってから温泉へ。児湯へ行きました。ここらへんの写真は全部撮り忘れました!笑

下諏訪の温泉は熱いけど、児湯はなんとか入れます。露天がおすすめです!どこも大体230円です。安い~。シャンプー・石鹸などは持参してくださいね。ちなみに児湯はドライヤー3分10円です。

東寿司

この日は夜も9人で夕食へ。メンバーが時間毎にどんどん入れ替わっていきます。到着した人、帰路についた人、初めて会ったり再会したり再会を誓ったり、そんなふうに自然に流れる一日とこの流動的パーティーが、本当に楽しい。

f:id:sakelog:20170811132828j:plain

f:id:sakelog:20170811132847j:plain

肉じゃがと豚汁の中間みたいなやつ。めちゃくちゃ美味しい!!!

f:id:sakelog:20170811132905j:plain

汁物もついて840円の、東寿司のハッピーしもすわ丼!コスパ最強すぎる!

この後はマスヤに戻ってバーでのんびりしてました。

まとめ

こんな感じで一日を過ごしてきましたが、感じたことは
・A1さんのガイドが上手すぎる。特に歴史に関する情報量がすごい。
・下諏訪におけるA1さんの知名度が半端ない。
・下諏訪には美味しいものしかない。
・下諏訪はお金をかけずに延々と楽しめる。
・下諏訪にはクリエイティブな人が集まってくる。

・・・まだまだいろいろあるけれど、今すぐ思いつくのはこんな感じ。もう何度も行っているのですが、毎回新しい発見があります。

 

そして今回A1さんを見ていて、自分も地元をこんなふうに紹介できたらいいなと思いました。(A1さんは下諏訪が地元じゃないんだけど!)

私の地元である北杜市は、もっと山の中なので、おすすめスポットは車でしか周れないのですが、そんな環境にも応用できるはず!!

ここ最近、じぶんのやりたいことの中で、いろいろ行き詰まっていたのだけれど、この二日間で会った人、話したことの中でたくさんのヒントを貰いました。また頑張ろうと思えました。

そうだな、これから行き詰まることがあれば、またすぐ下諏訪に行こう!複数でもいいし、一人でもいいし。

下諏訪は自分の中で、第二か第三の故郷になりつつあります。

お世話になったA1さん、そして皆様、ありがとうございました。またお会いしましょう!!

A1さんと行く下諏訪まんきつツアー①

8/8~10の間催行されていました『A1さんと行くしもすわまんきつツアー』(マスヤのキョンちゃん命名)の一部に参加させていただきました!ヾ(*´∀`*)ノ

f:id:sakelog:20170810201611j:plain
実はここしばらくのあいだ、近々身内の入院・手術があるかも・・・という状態で、やや不安定な気持ちで過ごしており、その結果が7日に分かることになっていたのですが、無事良性で何事もなく!!安堵と感謝の気持ちを噛み締めながら、この一年で自分の人生を本当に楽しくしてくれた方々とのゴキゲンな時間を過ごすべく、下諏訪に行ってきました!

8日夜@焼鳥居酒屋『佳肴 あり井』

日中既に開始されていたツアーですが、私はバイト後の夜に参加しました~。初めましての方、2度目ましての方、1ヶ月ぶりくらいの方、久々な方、混ぜていただきありがとうございました!そして『あり井』2回目でしたが、やっぱり美味しい!!

f:id:sakelog:20170810211537j:plain

注:飲んでいるのは一人だけです。黄色いやつはノンアルコール『ゆずかりん』。美味しかったです。

f:id:sakelog:20170810211848j:plain

全部美味しいけど、この、ワサビで食べるチキンカツが最高です!!

f:id:sakelog:20170810213806p:plain

そして、店主の有井さんが本当に気さくで面白い方なんです。地元の常連さんも、とっても楽しい方で、ああ、いいお店だなあって思いました。自分が東京にいた頃通っていた高円寺の店に似ている。。。ああ、近くだったら通うのになあ。。。

f:id:sakelog:20170810213833j:plain

いいこと言ってる!笑

この日は、メンバーの中の若い二人にジェネレーションギャップを感じる気がしていたんだけど、二人ともめちゃくちゃしっかりしていて大人だなあと思いました。自分より大人だなあと感じることもしばしば。どんな風に目の前の景色が見えているんだろうなあ、昔の自分と全然違うことだけは分かる・・・と思いました。

これは次の日も思ったのだけれど、なんか、マスヤで会う人って総じてスマートだなあと思いました。まあ、オシャレなゲストハウスが増えてきたとはいえ、(自分は周りにゲストハウス好きが多いから当たり前な気もしてしまうけれど)まだまだ一般的とは言えない宿泊施設だし、実際、旅先に下諏訪を、マスヤゲストハウスを選ぶ情報収集力や行動力がある人はやっぱりクリエイティブな人が多い気がする。

 

そして、この日実は、憧れの佐々木典士さんにもお会いできたのでした!!ぐわー。

約一年前、私がA1さんのブログをたよりに初めてマスヤへ行き、初めてA1さんとサンドニさんという二人のミニマリストブロガーにお会いしたのです。

お二人と佐々木さん、そして私がこの一年の間に紹介していただいた方々も、だいたいミニマリスト繋がり。

私は2年くらい前?から、佐々木さんの本『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』を読んで、ミニマリストに憧れつつ挫折を繰り返しております。(・・・というような私もこのコミュニティに混ぜていただき感謝です。)

実は去年の秋頃にもちょっとだけ佐々木さんにお会いする機会がありましたが、緊張してご挨拶しかできませんでした。。。ああ、今日は話せたら良いなあ・・・と思い、本を持参し、サインをいただきました!!

f:id:sakelog:20170810212035j:plain

わーい。

f:id:sakelog:20170810225734p:plain

わーい。わーい。ヽ(*´∀`)ノ

A1さんに、「ずっと普通に話してたのに、最後の最後でファンです!サイン下さいってウケルww」的なことを言われましたが、いや、最初に言っちゃうとなんか話しづらいじゃないですか!w

佐々木さんはすごく寡黙なイメージがあったのですが、ツッコミが鋭くてめちゃくちゃ面白い方でした。そして、「私も1ルームだったらたぶんミニマリストになれる!実家は物が多すぎるから挫折してしまうんだ!!」的なことを言った私に、冷静に優しく「それは言い訳ですね」と言って下さり、甚く心に刺さりました!!

 

ともあれ、世代も職業も住んでいるところもバラバラだけど、本当に楽しい方々とお話しできて楽しい夜でした。いつも泊まればいいじゃんって思うんだけど、今日も私は帰宅。未だちょっと心に余裕がない自分がくやしくて、来年はもっとフリーダムに生きているぞと思いました。次の日は本格的ツアー!!

甲府のカジュアルなイタリアンで気軽に飲む。『PIZZERIA BAR NAPOLI 甲府中央』

このあいだ、甲府中央(駅南口から徒歩10分くらいのエリア)で、以前から気になっていたお店、PIZZERIA BAR NAPORI(ピッツェリアバールナポリ)に行ってきました。

f:id:sakelog:20170809091210j:plain

商業施設『ココリ』1階です。去年の2月にオープンして、まだ1年半くらいのお店です。

この周辺にはいろんなカフェや飲み屋があるのですが、ピザが500円~っていうのが気になっていました。

f:id:sakelog:20170809091553j:plain

中はこんな感じです。けっこう広い。

f:id:sakelog:20170809091628j:plain

個室風にカーテンで仕切られる席もあり。

f:id:sakelog:20170809091723j:plain

全体的に安いのかと思いきや、ピザは500円~2,000円近くまで、幅広い値段設定でした。

f:id:sakelog:20170809092120j:plain

サラダ1人前で、2人でシェアして十分な量。

f:id:sakelog:20170809091839j:plain

友人と二人で行ったのですが、とりあえずピザ2種類(オリーブとマルゲリータ)をハーフで頼む!↑これで550円です!!そんなに味に期待をしていなかったのですが・・・窯焼き独特の風味、あの焦げ感はやっぱり格別。物凄く美味しかったです!!

f:id:sakelog:20170809092318j:plain

パスタはジェノベーゼ。これは1,200円くらいかな。。こちらも美味しいけど、ピザのほうがよりおすすめです。

f:id:sakelog:20170809092607j:plain

地元おすすめのワインをやっぱり合わせたいところ!!(この日は二人とも車だったので、ソフトにしましたが。。。)

f:id:sakelog:20170809092709j:plain

ドルチェも食べました。。。

お店の外にもテラス席があって、飲んでいる人たちが盛り上がっていました。

普段行くイタリアンのお店は落ち着いたカフェみたいなところが多いけれど、もっとアッパーな雰囲気で飲むぞーっていう時に、とってもいいなと思いました。

いや、この日は飲んでないのですが、周りに気兼ねなくいろいろ話したいな~と思っていたので、賑やかな感じのお店を選びました。(時間が早かったので空いていましたが。)

一人でランチにもいいなと思いました。また行きます。